【長文注意】スタジオレダのすすめ

Posted in: No Category

こんにちは。敏です。

今日は、いつもヤヤズでレコーディング、リハーサルに使用させてもらってるスタジオのお話を少し。

吉祥寺にある、Studio Leda(スタジオレダ)さんです。

http://www.studioleda.com/

レコーディングにせよ、リハーサルにせよ、ミュージシャン以外にはあまり関心の無いところかもしれませんが、このスタジオ、とても面白いんです。

そもそもレダがオープンした頃から、リハーサルには頻繁に使っていて、レコーディングも日中深夜含め何度もお世話になってきました。その中でチーフエンジニアの水谷さんを始め、スタッフの鈴木さんとも仲良くさせていただくようになったのですが、まずスタジオレダさん、スタッフがとても素敵。皆さん音楽が本当に大好きなことが言動から伝わってくるのですが、言ってしまえば、スタジオで働くくらいだから、みんな音楽は好きだろ、って話になるわけです。でもレダのスタッフが面白いのは、盲目的に音楽が最高、音楽の力を信じよう、というスタンスではなく、例えばCDが売れない、音楽業界が盛り上がらない、などの話題についても客観的、積極的に考え、意見を発信している所。音楽についてここまで多面的に考えている人たちはなかなかいないのでは?と思います。

そしてそれより素晴らしいのは、そのような実情を踏まえて、何ができるかを真剣に考え、そして何かアイディアがあったらすぐ形にする所。例えば先日もヤヤズでやらせていただいた、Ustreamでのライブ配信。毎回参加させていただくたびに、カメラや音、照明、画面割りなど、とんでもないレベルになってきていて、もはや笑っちゃいます。また、先日のようなライブの配信とは別に、樋口舞さんをパーソナリティに、毎週様々なアーティストをゲストに迎えて同じくUstream配信している「ムジカ・ダ・レダ」。毎週ですよ毎週?スタジオ業務をこなしながら並行してそんな準備も大変な事する人、普通いないですよ(笑)夏なんか、流しそうめんしてるところを放送してますからね。事故ですよ(笑)

レコーディングにしてもそうです。レダは一言でいうと、すごくやりやすいんです。これって機材とか、環境とか、そういう要素ももちろん重要だとは思うんですが、レダのはちょっと違うんですよね。まずとても人間対人間のやり取りになるということ。チーフエンジニアの水谷さん、もちろん録音技術、編集スピードはとんでもないんですが、そういう事ではなくて、演奏が終わって確認するために水谷さんのいるコントロールルームに戻ると、なんか安心する、またいいテイクが録れそうな気がする。別に何かしてくれるというわけではないんですが(笑)、なにげない言葉のやり取りや空気感から、途方もないリラックス感と、矛盾するようですが実に程良い緊張感が生まれるんですよね。なのでレダのレコーディングは、楽器の音でなく、人の音を録ってくれる、という感じになるんですよね。不思議です。

ってかここまで書いてきたんですが、長っ!(笑)でももう少し。

最近レコーディング中に水谷さんが言っていた言葉で印象に残っているものがあったので。

「佳代ちゃんの歌は、歌詞がどうこう、とかはどうでも良くて、純粋に言葉の音が美しいよね、それを伝えたいよね」というものでしたが、まさにその通りだなと。というわけで今レコーディングしている『Yaya’s Song Vol.4』では、日本語の言葉の美しさが堪能できると思いますので、ご期待ください!(とりあえず宣伝)

長くなりましたが、ミュージシャンの方は是非一度スタジオレダ、利用してみてください。リハーサル、レコーディングだけでなく、音楽でこんな面白いことがしたいんだけど、みたいな相談でも、真剣に聞いてもらえると思いますよ。(無責任w)

そしてミュージシャン以外の方は、スタジオレダから発信されるコンテンツを、ぜひ見て、聞いてみてください!山下達郎さんの「クリスマスイヴ」のカバー動画なんかは、youtubeでも再生回数がエライことになっちゃってます。もちろんヤヤズもレダさんと協力して、今後も素敵な音楽を発信していきますので、ご期待くださいね!

最後になりますが、僕はレダの回し者ではありません!(笑)

lobby2

ledayayas

 

 

 

 

 


菅原 敏(Pf,Key)

Comments are closed.