Yaya’s Favorite Songs[vol.11]

こんにちは。敏です。今日は大晦日ですが関係なく更新しますよー。

Yaya’s Favorite Songs[vol.11]です!今年最後なので、今年の自分のipodでの再生回数の多かったものから選びたいと思います。一番多いのは、レコーディング音源チェックの関係でどうしてもヤヤズになってしまうので(笑)それ以外でいきたいと思います。

こちらです。

Kirk Whalumというサックスプレイヤーが、The Gospel According to Jazzというライブを行った際の映像より「No Word Praise」という曲をご紹介します。

もうですね、このイントロ、ここだけリピートして何回聞いたか分からないですよ。凄すぎる。

ピアノはデュークジョージことジョージ・デューク。キレキレ過ぎ(笑)通常、リズムやテンポっていうのは2つ以上音を出さないと認識できないはずなのですが、最初の一音で、音楽がどこに向かうかの方向性がすべて分かります。原因は不明です(笑)

そしてサックスについてはとにかく聞いてもらえば。声ですねもはや。呼吸と音楽がここまで連動してるのはすごいです。

途中からゴスペル集団がどかんと出てきて紅白歌合戦みたいな状態になってますが(笑)大晦日だしちょうどいいですね。

この映像、DVDが出てるんですが、最初から最後まで鬼のように素晴らしいのでぜひ見てみてくださいね!

では皆様、今年一年大変お世話になりました!来年もヤヤズをどうぞよろしくお願いいたします!残りわずかですが良いお年を!

僕と亮は今夜はRe-trickというバンドで渋谷JZ Bratででカウントダウンライブに参加してまいります。そちらもよろしければぜひ!

 

 

 

 

 

 


菅原 敏(Pf,Key)

メリークリスマス

皆様今年もお疲れ様でした。

今年もあとわずかですが、皆様良い年末を過ごせますように。

メリークリスマス。

 


菅原 敏(Pf,Key)

Yaya’s Favorite Songs[vol.10]

早いものでもう10回目です。って事は皆さんは僕らの音楽のバックグラウンドについてかなり知り始めた事なんでしょうけど、いやいや、人間はそう簡単には理解できない何かを持っているもんなんで、まだまだ付き合ってもらいますよw。

今回は恐らくこのメンバーでこのバンドを押してくるのは恐らく俺だけではないのかな?と思うモノを用意してきました。

もしかしたら名前は知ってるけど・・・なんて人も今は多いかもしれません。

とりあえずNirvanaです!!!!

もうね、俺は彼らが大好きなんですよ。今回はアンプラグドから「About A Girl」という曲を紹介している形をとっていますけど、全曲大好きです。

高校生の時なんてカートの格好を真似る為にいつも古着屋に通っていたくらいです。

出会いは中学二年の時にたまたま深夜のテレビで彼らのライブ映像を見た時なんですが、当時は「なんじゃこりゃ??楽器の構える位置低いし声ガラガラやん」みたいにあまりうけつけなかったんですけど、日が経つにつれて頭の中で彼らの音楽が流れるわけですよ。

もう「これは一回聴いてみるか!!」と当時は知らなかったですが、世界を震撼させてそれまでのロックというジャンルを過去のモノにしたアルバム「Nevermind」をレンタルしてきたのです。

一曲目を流した瞬間に「あっ!!!この間の深夜に聴いた曲!!」と理由はないけど電気が走りましたw

最後まで聴いて、また繰り返し聴いていくうちにある発見をしたのです。

とにかく彼らの音楽は音が攻撃的だし、なにより破壊的な音楽だと思われがちですが・・・メロディーがとにかく憶えやすい!つまりポップという事ですよ。

一度耳にすればいやでも次に聴く時には一緒にメロディーを歌えるくらいにポップなわけです。

そんな事を考えていたらあるインタビュー記事でカートの言葉に更に電気を走らされるのです。

いきますよぉ・・・・・。

カート

「俺たちの曲は全てバラードさ。サウンドがヘビーなだけで演奏中はいつでも上質なバラードを演奏している気持ちでやっているんだ」

 

うん、参りました・・・。

彼は後に人生を自らの手で壮絶な形で終わらしてしまうのですが、最後の最後まで素晴らしいバラードを残してくれました。

俺もどんな曲を演奏する時にも実はいつもかれの言葉を意識していたりするのです。

 


井上 亮 (b)

Yaya’s Favorite Songs[vol.9]

こんにちは〜。佳代です。

打ち上げの写真の敏さん、ホンマに大将の趣ですね(笑)

でも敏さんが大将のお店があったら、間違いなく大繁盛するというくらい、

敏さんの作るお料理は本当にどれも素晴らしく美味しくて、

私はそのうち敏さんがアイアンシェフで脇屋シェフと戦う日が来ると信じてやみません。

敏さん、その時はヤヤズ一丸となって応援に行きますからね!!笑

 

というわけで今回のYaya’s Favorite Songsに入っていきたいと思いますが、

今回は、前回の敏さんに続き、私も映像作品でいきたいと思います。

コレです!!

 

『John Mayer  /  where the light is live in los angels』

 

2008年に発売されたライブDVD(Blu-rayも出てます!)で、

acoustic set、trio set、band setの3部構成になっているのですが、

もう全てにおいて、もの凄く完成度の高いメチャクチャ素晴らしい作品です。

因みにヤヤズは3人とも持ってます♪

私が今回紹介しなかったとしても、いずれはどのメンバーかが紹介していたであろう作品です。

3部のバンドも、2部のSteve JordanとPino Palladinoとのトリオも痺れるほど

かっこいいんですが、私はその中でも、

1部acoustic set冒頭の「Neon」という曲をオススメしたいと思います。

ギターと歌というシンプルな構成だからこそ、John Mayerの

はちきれんばかりの才能と魅力が余すところなく味わえます。

 

John Mayerは歌はもちろんのこと、ギターの名手としても有名なんですが、

私が何よりも好きなのはJohn Mayerの声です。

無骨さと繊細さと甘さと危うさ、包容力を兼ね備えた、完璧な声だと思います。

彦摩呂さん風に言うと「声の宝石箱や〜」ですね。

まぁ、とにかく聴いていただきましょう。

ギターも歌も声もかっこ良過ぎて、圧巻です。

TシャツにGパンにギター1本と自身の才能で人々をここまで熱狂させられるって

本当素晴らしいなと思います。

 

 

冒頭の「Good Evening」が既にええ声。笑

Neonだけでなく、全編通して素晴らしい曲と演奏ばかりなので、是非DVD丸々通して

聴いてみてくださいね。

 

 

お疲れ様の一枚!

先週のライブの後の打ち上げから一枚。佳代さんと俺と真ん中はこの店の大将です。このメニューが一押しみたいですよ。

嘘ですwバンマスの敏さんですwでも雰囲気はこの店の大将っぽくないですか??

まぁーこの店の大将が座って酒呑みながらおつまみ食べてたら問題ありですよねw

この日はお客さんも何故か皆様早くにお帰りになられたので珍しく外で打ち上げです。実はあまり打ち上げでお店を利用する事ってこの三人ではないんですよね。なんで少し新鮮でした。ってか外でこうしてのんびり呑むのもいいですよね。しかもライブの後ということで三人とも普段の顔w

あれ?普段とライブの時の顔に違いがわからない??そんなあなたは来年の1月27日のライブへ来なさい!これは命令ではないですが、違いを確認する義務が今あなたに生まれました。

まぁ、普通に最高の一日になるので是非遊びにお越しくださいな。

あとメンバー三人が左利きなんですが、佳代さんはお箸は右なんですね!また一つ彼女に詳しくなってしまったぜw


井上 亮 (b)

御礼

こんばんは。佳代です。

今年最後のややずライブを終えて、本日高知に帰って参りました。

 

あらためまして、今回のStringsでのライブにお越し下さった皆様、本当にありがとうございました。

皆さんが温かく迎えてくださったお陰で、非常にのびのびと演奏させていただくことができました。

MCに関しては若干のびのびし過ぎだった感が否めないですが(笑)、

楽しんで帰っていただけたなら幸いです。

 

ヤヤズとして3人で活動を始めて、まだ半年程ですが、メンバーをはじめ、

活動を支えてくださる皆さんのお陰で、本当に密度の濃い、充実した活動が

できていると思います。

いつも本当にありがとうございます。

 

3人で活動を始める前までは正直、自分が歌を歌うことは何の役にも立たず、

何の意味もないのではないかと思い、小島よしおさんの「なんの意味もない」というギャグを

真っ向から受け止め、「ホンマ、そうやんなぁ・・・」と思ったりしてましたが(笑)、

ややずで歌うようになってから、「聴いてくださる人がホッとできたり、居場所になれるような

歌をうたいたい」と自然に思うようになりました。

 

こう思えるようになったのは、自分としてはものすごく大きな変化で、

敏さん・亮さんと一緒じゃなかったら、こうは思えていなかったと確信を持って言えます。

なので、二人には感謝してもしきれないくらい本当に感謝してますし、

かけがえのない大切なメンバーです。

あ、なんかおぎやはぎ現象みたいになってきたので、メンバー褒めはこの辺にしておきます(笑)。

 

まだまだ目標からは程遠い、拙い歌ではありますが、

今後も皆さんに更に喜んでいただける音楽を追求していきたいと思っていますので、

来年もYaya’s Song Projectをよろしくお願いいたします。

Yaya’s Favorite Songs[vol.8]

おはようございます。連続投稿になりますが敏です。Yaya’s Favorite Songsの8回目です。

以前僕が音楽の道に進むきっかけとなった山下達郎さんのCDを紹介しましたが、今回は僕が小学校でやめていたピアノを再開するきっかけになった音楽を紹介したいと思います。今回はDVDです。

Steve Gaddというドラマーがリーダーを務めるバンド「Gadd Gang」より、スティービー・ワンダーのカバーで「Signed, Sealed, Delivered」です。

僕は大学を出てから東京の音楽専門学校の作編曲科に入学したのですが、もともとは編曲がしたかっただけで、特にピアノをやりたいという思いはありませんでした。

ただ、僕が通っていた学校にはピアノ・キーボード科の生徒が極端に少なく(僕の代は一人もいませんでした)、同期だったベースの亮やドラムのマーシーなどに誘われる形で、右も左も、コードも理論も良く分からない状態でセッションをするようになりました。

そんな時、まだあまりメジャーではなかったAmazonで(笑)、何気なく注文したのがこのDVDです。スティーブ・ガッドというドラマーが凄くいいよ、と誰だか忘れましたが教えてくれたのでなんとなく買ったような記憶があります。

で、朝半分寝ながらDVDをデッキに入れて再生していたのですが、ピアノの音を聞いたら飛び起きてしまいました。明らかに自分がそれまで聞いてきたピアノにはなかった世界でした。

ピアニストは、リチャード・ティー。僕はこのDVDで初めて知りましたが、超が付くほど有名です(笑)

このDVDは全曲良いですが、特にこのyoutubeの曲。3分12秒あたりからのリチャード・ティーのピアノソロを聞いてみてください。背中のノリからしてかっこよすぎます(笑)

ピアノは「打楽器」「リズム楽器」なのだと、この時初めて認識しました。いまだに「グルーヴ」って何なのか良く分かってないですが(笑)、これがグルーヴしてない、というのなら僕は一生グルーヴというものが分からなくても構わないと思います(笑)

とにかく、音の減衰するはずのピアノという楽器で、粘る粘る。そして強い推進力を持っていて高揚感にあふれ、テンポ以上のスピード感を感じさせるのです。

これ以降、ピアノちゃんとやろう!と思ったのでした(笑)

そして余談ですが、この映像でリチャード・ティーが着ている「TOKYO」Tシャツがめっちゃ欲しくて探しましたが見つかりませんでした(笑)で、ちょっと前にTOKYOと書いたTシャツが売ってたのでかわりに買いました(笑)

そんなわけで皆さんも「TOKYO」Tシャツ探してみてくださいね~(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 


菅原 敏(Pf,Key)

ヤヤズ忘年会 at ガースーキッチン

こんにちは。敏です。

この記事と日にちは前後してしまいますが、昨日の吉祥寺ストリングスでのYaya’s Song Projectのライブにお越し下さった皆様、ありがとうございました!今年最後のヤヤズでしたがとても温かい空気の中、本当に楽しんでライブできました!すべてお客様のお陰です。ありがとうございました!

ライブについては亮がなんかいい事を書いてたので割愛して(笑)

 

ライブの前日に、メディア取材お断り、予約ができない店として有名なあの「ガースーキッチン」にてヤヤズ今年一年お疲れ様忘年会が開催されました。

 

 ガースーキッチン名物、佳代チキン(スペシャルバージョン)。佳代ちゃんが東京に来てうちに泊まる際にはほぼ毎回作っているスモークチキン、いつもはスモークチキンだけなのですが今日は忘年会という事でどかんと丸鶏、中にはキノコのリゾットが入っております。STAUBという鍋で燻製にしてからオーブンで焼いてあります。

いい仕事してますね―

 こども用。麻婆豆腐は辛くないよ♪

他にも自家製ピザや、ベーコンなどいろいろ作ったのですが、みんな飲んだくれて写真がありません(笑)

 

今年もお疲れ様、の一枚。

僕と亮が、かや(子ども)がカメラを向くように、「かや、バイキンマン!」と同時に言っている瞬間です(笑)顔がウケる(笑)

ちなみにこの後ドラムのマーシーも合流して楽しい一夜になりました。

皆様、今年も大変お世話になりました。

来年からは、亮も書いてましたが、さらにワクワクするような音楽を探していきたいと思っています。

とにかく佳代ちゃんの歌、一度生で聞いてください。僕はヤヤズを自分の人生の最後の音楽活動として考えてます。このプロジェクトがなかったら音楽をやめてたと思います。

来年はより一層人生を賭けてやっていきますので(笑)ぜひぜひよろしくお願いいたします!

 

来年一発目は1/27(日)、代々木で亮のSugar Saltと対バンです!亮はダブルヘッダー!是非お越しください!

 

 

 


菅原 敏(Pf,Key)

とり急ぎ。

とり急ぎ更新を。

昨夜の我々のライブにお越し頂いた皆様、本当にありがとうございます。

そして年内でライブは最後という事で、このメンバーでこの一年を活動してきたわけですが、これも楽しみに音楽を聴いてくれる皆様あっての事だと昨夜は改めて実感しました。本当にありがたい事です。

今年の5月のアルバムリリースからこの体制で本格的に活動を開始したYaya`s Song Projectなんですが、ツアーなどもすぐに出来て各地で多くの人から応援してもらいながら確実にグループとして成長できたと思います。

こんな恵まれた環境で尊敬する敏さん、佳代さんと音楽をできる事に今日は帰りに「これは夢なんかな?」と思ったわけでして、現実の証拠を残すために急いで更新しておるのですw

とにかく今日も楽しく演奏できたのは間違いなくあの場にいらした皆様のお陰です、本当にありがとうございます。

そして毎回楽しいリハーサルの後に何かしら家で手料理(プロレベル)をご馳走してくれるバンマス(敏さん)、どんな時でも前向きで向上心溢れる佳代姫のお陰です。

このグループで活動していく中で「人間関係」というのを音楽と同じ位に勉強させてもらっています。

別にお二人が偉そうにしているとかの話ではなくて、音楽と同じく人間としての器量の事について「すげー!!」と毎回会うたんびに思うのですよ。

この二人からはどんな状況でも弱音を聞いた事がないし、むしろいかなる時でも常に前向きな考えで物事にチャレンジしている姿に心打たれます。

あと、「音楽=人間」という世の中では胡散臭い事で自分もそんな言葉や考えを心のどこかで毛嫌いしていたのですが、このメンバーで音を出しているとそれはどうやら本当の事なんだなと確信しました。

まだまだ上がっていくので来年もYaya`s Song Projectを愛してください。三倍でお返しいたしますのでw

ではではおやすみなさい!!   亮


井上 亮 (b)

Yaya’s Favorite Songs[vol.7]

どうもこんにちは!!亮です。

最近は何かとバタバタしていましてこのコーナーで登場しかしていないのが申し訳ないですが、忙しいのはいい事ですし、無駄に俺の下らない日常とかをさらしてもよくないよな!!なんてポジティブに考えているんですがどうですか??w

今回はですね、初めて買ったCD!!ということでこの「」というアルバムを紹介します。皆様ご存知でしょうけど意外と自分の周りでは「知っているけどそこまで深くは聴いてない」という話をチラホラ聞きますThe Beatlesの名作であります。

彼らのアルバムはどれも名作なんですが、改めてこの作品を聴いてみて「このアルバムから聴き始めて良かった」と感じました。

この時期の彼らはとにかく多忙を極めていたのですが、その中でグループとして成長してアイドルからアーティストへの変化をとげていくのです。その究極の変化を遂げた作品がこの「Revolver」だと思います。

それまで主に鍵盤はプロデューサーのジョージ・マーティンが演奏していましたがこの作品からポールが積極的に演奏し始めますし、さらには一曲目からリードギターすら弾き始めます。

ちょいとポールがやりすぎている気もしなくもないですがwまーそこは今回ほっておきましょうw。

レコーディングにも新しい機材を積極的に使用していきまして、この時期の彼らは後の名器と呼ばれるようになる新しい楽器も既にバリバリ使っているのです。

民族楽器のシタールの腕も前作から使っているのですが、「いつ練習したんだ!?」と思うくらいに演奏能力が高くなっていてびっくり。

俺はこの年代では珍しく彼らの音楽を聴いて楽器を始めた人間なんですけど、今聴いてもまだまだ新しい発見が沢山あって一晩では語りつくせないですよね。

今回はこのアルバムの中でも特に一曲だけ違った輝きを放つ「for no one」という曲をお勧めして終わりたいと思います。

全体的にアップテンポで明るい響きを持つ曲が多いアルバムですがこの曲だけまったく違う質感でして、後半にいきなり流れてくるといつも耳をそこに向けてしまう不思議な力のあるバラードです。

チェンバロのバッキングも淡々と進むこの曲の空気に非常に合っていまして、ピアノでは絶対に出せない無機質な演出をしてくれていて憎いですねぇw

とりあえずたまに彼らの曲はこのコーナーでは出していくので皆さん、今一度The Beatlesを聴きかえしてみましょう!!

 

追伸、そんな彼らに負けないくらい成長が著しい我々のライブが12月8日に吉祥寺ストリングスであります。是非遊びにおいでくださいまし!


井上 亮 (b)