Yaya’s Favorite Songs vol.19

どうも、みんなから最近ライブの時に「りょう君!」と呼ばれはじめました。嬉しいことです。たまに「りょう!」と意味のわからない掛け声もありますがそれも嬉しいですね。

そんな訳で19回目のYaya’s Favorite Songsです!いやー、メンバーのこのコーナーは楽しいです。俺も負けないように頑張ります!

今回の曲なんですが、色んな人にカバーされていて知っている方も多いと思いますが、「Ain’t No Mountain High Enough」という名曲です。

日本人のアーティストや、大御所のダイアナ・ロス、映画などにも使用されている曲でどれも本当に素敵なんですよね。もう曲の持っている力が凄いとしか考えられない。

そのなかでもやはり俺が一番好きなのは本家のマーヴィン・ゲイとタミー・テレルがデュエットです。

もともとモータウンは高校三年の時に雑誌でベーシストのジェームス・ジェマーソンが紹介されていてそこからから入ったんですが、そのあとにマーヴィン・ゲイを知って彼のアルバムを色々聴いてファンになりました。

マーヴィン・ゲイは何人かの女性ボーカリストとデュエットで曲を録音していてどれも本当にカッコいいし、音楽で女性にあそこまで紳士な態度で、なおかつ大人の男性が持つダンディーでセクシィな空気感がたまらないんですが、タミー・テレルとのコンビが俺は一番好きです。

なんか、もともと声の相性もいいんでしょうけど、ステージ以外では内気で恥ずかしがりやだったと言われてるマーヴィン・ゲイをタミー・テレルが引っ張っているように聴こえるんですよね。タミー・テレルがマーヴィン・ゲイの別の顔を引き出しているかのような感じです。

そんなマーヴィン・ゲイも彼女の歌に寄り添いながら絶妙な表現力で徐々にタミー・テレルを熱くさせていくのです。

バックの演奏もそんな二人に寄り添いアンサンブルは最高潮に達する・・・・そんな奇跡が当たり前のように色んな曲で録音されています。特に今回の曲はその中でも最高レベルだと思うんですよ。

俺は残念ながら歌があまり得意ではないんですが、もし上手に歌えたら佳代姫と一緒に歌いたいですね。歌うのは凄く好きなんですが、なんか俺が歌うと爆笑が毎回起こるので年に数回行くカラオケで我慢しましょうw

でも佳代姫と演奏する時はベースだけどマーヴィン・ゲイみたいになれるように頑張っていますw

ちょっと話しがずれたな・・・。

残念ながらタミー・テレルは24歳にして脳腫瘍が原因でこの世をさってしまいますが、俺は今でも彼女の歌を聴くと「いい恋をせなあかん!」とよくわからない純粋な気持ちになります。永遠の歌姫に乾杯。

 

 

 


井上 亮 (b)

3/17(日)「青山佳代 feat. Re-trick」ライブ予約フォーム

みなさま、3/17(日)「青山佳代 feat. Re-trick」のライブのご予約はお済みでしょうか?

どんどん予約が入ってきていますので、お早目のご予約をおすすめいたします!ヤヤズでは聞けない英語の曲や、Re-trickのオリジナルに佳代ちゃんが歌詞をつけた曲など、いろいろやると思うので、お見逃しなく!

「まだ予約してないよ~」という方へ、

便利な予約フォームが出来ました。

トップページの写真下に、3/17ライブ専用の予約フォームが出来ました!簡単に予約が出来ますので、是非ご利用ください!

すでにリハを1回したのですが(というかそれでたぶん最後ですがw)、とても素晴らしいですよ!

ドラム界の奇行子(?)、渡邊 雅之も最高です!

たくさんの方のご来場をお待ちしております!

 

 


菅原 敏(Pf,Key)

Yaya’s Favorite Songs[vol.18]

こんにちは。佳代です。

 

16日に出演させていただいた西川口Hearts、とっても素敵なハコでした。

出演させていただきありがとうございました。

また、極寒の中足を運んでくださった方々、本当にありがとうございました。

 

さて、今回はThe Band Perry「If I Die Young」という曲をご紹介したいと思います。

The Band Perryはメインボーカルのお姉さんと

2人の弟で構成されているカントリーグループなんですが、

私、結構カントリーミュージックが好きなんです。

 

カントリーというジャンルに特に詳しい訳ではないですし、

ジャンルを意識して選んできた訳ではないのですが、

今振り返ると、「あ、この曲(あるいはボーカル)いいな」

と思ったものはカントリーのテイストが入っているものが結構多かったように思います。

Norah Jonesもそうですし、高校くらいの頃も、カントリーっていうジャンルとかよくわからずに

LeAnn RimesとかShania Twainとかよく聴いてました。

 

カントリーミュージックって何か温かみがあって、聴いててホッとするんですよね。

素朴な感じというか、メロディもシンプルでスッと入ってくるし、

厚みのあるコーラスだったり、バイオリンやマンドリン、バンジョーなんかの音色も

どこか懐かしい気持ちにさせてくれます。

今カントリーと言えば、Taylor Swiftがもの凄い人気なので、

Taylor Swiftからカントリーをイメージされる方もいらっしゃるかと思います。

Taylor Swiftの音楽は私にとって少し若すぎる(笑)ので、あまり聴きませんが、

ま、とりあえず、可愛いですよね(笑)

 

The Band Perryのこの曲は2011年のグラミー賞にもノミネートされていたので、

耳にしたことがある方もいらっしゃるかも知れません。

ちょっとドキッとするようなタイトルですが、あまり歌詞の意味とか深読みせずに

メロディに耳を傾けていただくことをオススメします。心地いいです。

 

 

 

 

Yaya’s Favorite Songs[vol.17]

こんばんは。敏です。

みなさん3連休はどのように過ごされましたか?

僕はカミさんの妹の結婚式で福岡に帰っておりました。

会場も素敵な場所で、心温まる良い式でした!2人には末永く幸せになってほしいですね。

 

さて、Yaya’s Favorite Songs vol.17です。

そろそろ本命を登場させたいと思います。

 

Brad Mehldauのアルバム「Day is Done」です。

紹介するのはどの曲でもいいんですが、とりあえず1曲目の「Knives out」(Radioheadカバー)でも。

 

Brad Mehldauを初めて聞いたのは、専門学校を出て、目的もなくダラダラとバンドとかをやってた頃(笑)、CDショップで試聴機に入ってたのを何気なく、というのがきっかけでした。それがこの「Day is Done」というアルバムです。もうですね、衝撃でした。

理解できないんです。でもメチャクチャかっこいい。音楽の力が普通じゃない。何をやってるのか良く分からなくても、聞いてる人を引き込むすさまじい力がある。

とにかく、ピアノの「音のスピード感」が異常。音のスピード感というのはもちろんテンポのことではなく、音が持つ推進力とでも言うか、発せられた音すべてがある目的地に向かって進み、音楽を作っていくパワーというか、そういう感覚なんですが。だからもちろんバラードでもそのスピード感は失われない。むしろキレてくるんですね~。

そしてこのアルバムが、個人的にはメルドーのベストではないかと思います。(最近のアルバムも超一流の音楽なんですが、このアルバムに比べると、集中力とキレが若干鈍っているように思えます。もちろん、僕が偉そうに言うレベルの話ではなく、世界トップレベルとしての比較です。)

とにかく、一生この人の表現する音楽にはアンテナを張っていきたいですね。

 

 

 

 

 

 

 


菅原 敏(Pf,Key)

Yaya’s Favorite Songs[vol.16]

はいはい、毎週月曜日の恒例のコーナーがやってきましたよぉー!!これを見て多くの方に新しい音楽の発見などのお手伝いができたら嬉しいですね!そんなわけで亮です!!

今回は日本人女性アーティストのCHARAさんの曲で一番好きな「大切をきずくもの」を紹介します。

この曲は自分が高校生の頃に出たベストアルバムの『Caramel Milk 〜THE BEST OF CHARA〜』で知りました。

もともと「Swallowtail Butterfly 〜あいのうた〜」とかでかっこいい曲やるなぁーと思っていて一度しっかり聞いてみたいと思いこのベスト盤を買ったのです。

当時の自分は本気で高校生活がつまらなくて、友達はいたんですが通っていた高校の校風などたまらなく嫌で、勉強していい点採って何がいいのかわからなくかなり自暴自棄な感じでした。

毎朝歩いて登校する時に行く気がなくなり遅刻かサボる、もしくは無断早退などを繰り返して真剣に親に高校を辞める話なんかをしていた時期でしたね。本当に今思うとお金を出してもらって通っていたのに親不孝なやつです。

「そんなに辞めたいなら今日担任の先生に言ったらええで、どうせろくに通いもせんのやし」との言葉をもらいまして、「わかったわ」と家を出る前になぜかこの『Caramel Milk 〜THE BEST OF CHARA〜』をウォークマンに突っ込みました。

それまで適当に部屋で聴いていたんですが、この日はなんかいつもと聴こえ方が違うように思えました。二曲目に今回紹介する「大切をきずくもの」が流れた時に、なんだかすごく心が軽くなった気がしたんですよね。

曲の持つ空気、そして歌詞がすごくスーッと染み込んでくるのですよ。「なんじゃこの気持ちは??」とビックリして通学途中の公園のベンチで何回か聴いている内にそれまでトゲトゲしていたモノが無くなっていくような感覚になりまして、「せっかく入学したしもう少し頑張るかな・・・」と思えてきたのです!!

「よっしゃ!!」と立ち上がり歩き始めるとなんだか今まで見ていた道は随分と暗く見えていたのに、不思議と朝日が眩しくて凄くいい世界にいるなと思えました。

なんだか「今の俺、もしかして凄く前向きじゃん」なんて考えたら新しい毎日が楽しみになってきて、この曲の何にそんなに影響されたんだかわからないけど、その瞬間から心機一転できたのは間違いなくこの曲のお陰です。

そして今でもかけがえの無い友人もできたし、本当にこの曲に今でも感謝しています。

帰宅して母親に「卒業するまで楽しむ事にしたで」と告げた時の「あっ、そう。ほな頑張り」と笑った母親の顔とこの曲の詞がもの凄くリンクするんですよね。

今回は歌詞も載せておきますんで、是非聴きながら見てみてくださいな。

あなたに何を告げたい?
うたうこと。生きるのよ

未来になにをつめたい?
大切をきずくもの

そういう意味じゃないかも
いま必要じゃないものがかってにかたちつくって
消せなくなって その存在を主張しはじめて

一体 誰なんだか その正体は
彼なんだか もうやかましい

「まじめに生きなさい」ってママがいったの
でも怖い顔してなかったでしょ?
きっとそういう意味じゃないのよ
あなたの信じてものを 信じてる
古びたカセットテープには だいじなうたが入ってた
いつもたたかってる 何を大切にすればいいの?
わからなくなったらそれをこころに

くりかえしきいて
そのいみを感じるときが来るかしら?
くりかえしきいて
そのいみを感じるときが来るかしら?

残すものは 声だけかしら
ただの文字なんだか そばにいてあげるから

あなたに何を告げたい?
うたうこと。生きるのよ

未来に何を告げたい?
大切をきずくもの

だれでもいつかはいくところ
いそがないでね
だきしめて

あなたに何を告げたい?
うたうこと。生きるのよ

未来になにをつめたい?
大切をきずくもの

いつも大切を いつもおいかけてるの
まけないわ
こわれてく だきしめるから
つめたいこの手を

 


井上 亮 (b)