Yaya’s Favorite Songs[vol.54]

こんばんは。佳代です。

今回ご紹介するこの曲で描き出されている恋愛の形。

それをどう感じてどう受け止めるかは聴く方次第ですが、

誰が何と言おうと、この曲がとてつもなく美しい曲であることに変わりはありません。

二人の息遣いまで聴こえてくるような生々しい温度や湿度を持ちながらも、

夢の世界を漂っているかのような秀逸な歌詞

その歌詞の世界観を引き立てるドラマティックなメロディ、

また、そこに息を吹き込んで、完璧な世界を完成させている今井美樹さんの歌。

どれを取っても本当に素晴らしいです。

今日のような静かな夜に是非聴いてみてください。

Yaya’s Favorite Songs[Vol.53]

おはようございます。いや~めっきり寒くなってきましたね。それでは月曜日恒例のYaya’s Favorite Songsです。

寒くなると個人的にオルガンものを聞きたくなるのですが、その中でも今日はちょっと変化球で。

ムッシュこと、かまやつひろしさんと、有名なアメリカのファンクバンド「タワー・オブ・パワー」が共演している「ゴロワーズを吸ったことがあるかい」を紹介します。

このファンキーなオルガンのカッティング、いいですね~♪基本的にオルガンという楽器は、僕の主観ですが、熱や火、灯りなどを連想させるため、こういうファンキーな使い方をするのがやっぱり好きですね。クレジットはされていないですが、おそらくプレーヤーはチェスター・トンプソンという方だと思います。僕の大好きなプレーヤーです。

そして、ムッシュかまやつさん、さすがですね~。まず歌詞の世界観が素敵。男子ですね。こんなの歌にするような話かって言われればそれまでなんですが(笑)、こだわりを持っている人は素敵です。

そしてこの歌詞の字余り具合が半端ない(笑)後半に行くにつれて歌詞がどんどん長くなってほぼ喋ってる。でも間合いとかが絶妙なんですね~普通に歌うよりも歌っているんです。加藤登紀子さんとかもそうなんですが、できるだけ歌わない、楽器を演奏しない、でも音楽を伝える、という領域に行きたいものです。

さて、話は変わってヤヤズですが、11/9にホームの吉祥寺ストリングスにてライブがあります!席が埋まってきていますのでお早めに以下のフォームからご予約ください!お待ちしております。

http://www.yayassong.com/


菅原 敏(Pf,Key)

Yaya’s Favorite Songs[vol.52]

火曜日ですね・・・・井上亮です。 連休のせいで曜日感覚が狂ってました。すっかり忘れていました・・・。すいませーん!!!!

イレギュラーな火曜日を盛り上げるために今回は色々どんな曲を紹介しようか迷いましたが、天気は雨という事で レッド・ツェッペリンの「The Rain Song」。

まんまじゃねーかよ!!という突っ込みを入れる前にまず聴いてください。 心がこの変則チューニングのアコギの響きによって穏やかになります。

作曲者のギターリストのジミー・ページは本当に素晴らしい音楽家だと思うのです。よく彼はそのギタープレイの内容 が話題になりがちですけど(かなり弾けてない時がある為)、そのフレーズなどはその当時のギターリスト、現在のギター リスト達が奏でる旋律とは全く別物で、楽器の機能性を度外視しているのですね。

まさに「耳と感覚の人」なわけで、これって実に素晴らしいし、多くのギターリストは指板の呪縛から解き放たれていないと 思うのです。 この曲だってとんでもない変則チューニングなんですけど、この独特な開放弦の響きを得るために新たに作ってしまう所も凄い。

色々な意味で自由になる事の大切さを教えてくれる素敵なバラードです。


井上 亮 (b)

Yaya’s Song Vol.3 楽曲解説!!

yayas3-3皆さんこんにちは!10/6に発売された『Yaya’s Song Vol.3』はもう聴いて頂きましたか?え?まだ?それはいけませんね!すぐに以下のサイトで「ショッピングカートに入れる」をクリックしてください!(笑)

Amazon

というわけで、せっかくなので各楽曲の解説やレコーディングまでの経緯などをまとめてみました。まあ、音を聞いて頂くのが一番なんですが、いろいろ情報がある方が楽しめるかと思うので・・・よろしければご覧ください。

 

1.少年時代

言わずと知れた井上陽水さんの名曲中の名曲。1曲目に収録されていますが、アレンジをしたのは一番最後でした。個人的にはこのアレンジが今回のCDでは一番気に入っています。佳代ちゃんの歌声の何とも言えない乾いた空気感が、郷愁を誘いながらも過度に甘ったるい感情表現に流されず、絶妙のバランス感覚で伝わってくると思うのですが、いかがでしょうか。

 

2.竹田の子守唄

京都に伝わる民謡。過去には詞の内容などから発禁処分などになることもあったようですね。あまり違和感なく聴けるので気づかないかもしれないですが、実は7/8拍子で演奏されています。いわゆる変拍子ではあるのですが、拍をひとつひとつ感じさせるのではなく、ゆったりとした空間の流れの中で佳代ちゃんの歌が自在に揺れ動く、素敵なバージョンになったと思います。佳代ちゃんの素晴らしいタイム感があってこそですね。

 

3.悲しくてやりきれない

佳代ちゃんのリクエストでアレンジした、フォーククルセイダーズの名曲。様々なアーティストがカバーされています。Aメロの部分は敢えてコードの数を減らし、なんとなくひっかかり、靄が晴れない感じを表現しています。サビでは明るいとも暗いとも取れる微妙なコードを多用する事で、「悲しくてやりきれない、明日はどうなるのか」という気持ちの中に一筋の希望が見え隠れするような雰囲気を感じさせるようにしてみました。エンディングもかなりもやもやしたコードで終わります(笑)

 

4.気球にのってどこまでも

唯一僕がやりたくてアレンジした曲です。みなさん、これ小学校の時とか、合唱で歌いましたよね?何せ教科書に載ってますから。ところが佳代ちゃんはこの曲を知りませんでした(笑)正直この曲をやろうと思いついた時は「これは意外性があっていい!」と思ったのですが、佳代ちゃんに「この曲やりたいんだけど!」と当然知ってる体でメールしたところ、「私この曲知らないんですよね~。メロディを一から覚える感じになりますが・・・」と返信があり、一気にテンションが下がりました(笑)

それはさておき、この曲、平吉 毅州さんという方が作曲しているのですが、この方の曲はどれもとてもユニークで、特徴的なメロディラインを持っています。個人的に凄く好きですね。今回はその曲をさらに複雑なコード進行で、さらに6/8拍子で、さらにさらにイントロはぱっと聞きでは拍子が分からないような少しトリッキーなアレンジにしています。ヤヤズらしさが凄くでているのではないかと思います。

 

5.元気を出して

竹内まりやさんのこの曲、お客さんに人気なんですよね~。ライブで佳代ちゃんの歌を聞いて泣く方もよくいらっしゃいます。確かに声質にとても合っているのではないかと思います。個人的に割と普通な、シンプルなアレンジにしたつもりですが、ボーカルをやっている友人いわく、普通ではないらしいです(笑)途中のベースソロもいいアクセントになっていますね。佳代ちゃんは歌をストレートに、崩さずに歌って、人間の感情の機微を表現する、というタイプの歌い手ですが、それに凄くマッチした曲なのだと思います。

6.風をあつめて

はっぴいえんどの名曲です。注目してほしいのは歌詞と歌声の表情です。佳代ちゃんが歌声だけで情景を描いてみせます。「とても素敵な」は本当に素敵な感じに聞こえますし、「がらんとした」はがらんとした感じに聞こえます。当たり前の事のようですが、これをさらっとできるヴォーカリストはなかなかいませんよ。この曲にも通じる所があるのですが、淡々としているようで、とても豊かな表情を持っているという、青山佳代の真骨頂ではないでしょうか。

7.接吻

オリジナルラブの名曲です。今回のCDは割と大人な曲がありますね(笑)これはもう原曲のアレンジが完成されてるので、変に変えようがなく、どうしようかなーと結構困りました。好きな人も多いですし、佳代ちゃんの声質にもとても合うのは間違いなかったので。所々にブラジルっぽい和声を盛り込んでカラーを出し、サビ前ではちょっと冒険ですがベース(とピアノも)で対旋律(歌のメロディに対して、同時に演奏される別のライン)をぶつけてみました。意外に違和感ないのではないでしょうか。エンジニアの水谷さんに「このアレンジ、何かに似てると思ったらイヴァン・リンスっぽいねー。」と言われました。イヴァン・リンスは僕の敬愛するブラジルの素晴らしいコンポーザー、ピアニストです。正直、意識はしてなかったんですが(笑)

 

8.上を向いて歩こう

日本人なら誰でも知ってるレベルの名曲ですね。これは結構初期からやってるのですが、まだ収録していなかったので、今回のCDには是非入れたい、と思っていました。キメがいきなり入るので結構びっくりされる方がいらっしゃいます(笑)それが狙いです(笑)原曲とはまた違った佳代ちゃんの繊細な表現が素晴らしいですね。

 

9.この道

有名な童謡ですね。これ、ルバートと言って、決まった一定のテンポの上ではなく、歌の呼吸感に合わせて演奏する表現方法があるのですが、通常、歌とピアノとかだけでやる事はよくあるんですが、今回はベースも一緒です。全員の呼吸が合わないとできないので、物凄い集中力と緊張を強いられます。しかし聞いている方にはそう聞こえないという何とも割に合わない曲です(笑)

 

10.Yaya’s Song

このグループが始まるきっかけとなった僕のオリジナル曲です。作詞は佳代ちゃん。もともとピアノと2人で演奏していたCDがあるのですが(現在販売していません)、それから3年弱を経て、何と歌の表現力が増している事か!最初に佳代ちゃんの歌を聞いた時も衝撃を受けたのですが、はっきり言ってレベルが違いますね。歌わずして歌う、という何か高名な武術家みたいな事になってます(笑)意味分からないですね(笑)とりあえず聞いてください!最後の締めにふさわしい曲になったと思います。亮のベースがまた柔らかく馴染んでいて、デュオバージョンよりも個人的に好きです。

 

 

以上、解説でした。どうですか?聞きたくなりました?

そんな方は上記のサイトから「ショッピングカートに入れる」をクリック!!!(笑)


菅原 敏(Pf,Key)

Yaya’s Favorite Songs[vol.51]

こんばんは。佳代です。

10/5のカフェ・ショップ・ギャラリー空でのライブにお越し下さった方々、

温かく迎えてくださったスタッフの方々、本当にありがとうございました。

とても素敵な空間の中でのびのびと演奏させていただくことができました。

楽しかった〜!!!!!

呼ばれなくても、また帰って来させてください!!(笑)

さて、今日のFavorite songはIndia Arieの

『Beautiful Surprise』をご紹介します。

とってもシンプルな曲なのですが、いつ聴いても

優しくて温かい気持ちにさせてくれる大好きな曲です。

「昨日まではその人が世界に存在していることすら知らなかったのに、

出会ってしまった今日は、もうその人が自分の心を占領している」

そんな歌詞なのですが、そう聞くとあらためて出会いって奇跡だなと思わせられます。

ややずとの出会いも奇跡だったと未だに思いますしね。

というわけでYaya’s Song vol.3が10/6に発売になりました(笑)

アマゾンや全国のタワレコで購入可能です。

こちらも是非宜しくお願いします!!

宣伝かい!!ええ、宣伝です。

Yaya’s Song Vol.3 CD発売記念LIVE !! at カフェ・ショップ・ギャラリー空

こんにちは。敏です。

明後日10/5はいよいよ愛知の『カフェ・ショップ・ギャラリー空』さんにて、ヤヤズのリリース記念ライブが行われます!まだ伺った事はないですが、写真で見るととても素敵な雰囲気のお店で、今からとても楽しみにしています!

当日は、10/6発売予定の「ヤヤズ・ソングvol.3」を始め、「ヤヤズ・ソングvol.2」「Live in Aoyama」のCDを販売いたします!ニューアルバムはもちろん、どれもおすすめですので、この機会にまとめてゲットしちゃってください!(3枚全部買っても4500円!価格破壊!)

さらに、画家のChihiroさんとコラボした『Yaya’s Song Project × Chihiro』のグッズとして、ポストカード、マグカップ、コースターも販売します!こちらは数に限りがありますので早い者勝ちになりますが、ぜひお買い求めください!

ライブの詳細は以下の通りです。席が埋まり始めていますので、ご予約はお早めにお店までお願いいたします!

2013年10月5日(土)
『Yaya’s Song Vol.3 CD発売記念LIVE !!』

http://www.yayassong.com/

18:00 開場
18:30 開演
チャージ:3800円1ドリンク

会場:カフェ・ショップ・ギャラリー空
愛知県瀬戸市定光寺町524-1
0561-48-6130

http://www.kuu-gallery.com/


菅原 敏(Pf,Key)

Yaya’s Favorite Songs[Vol.50]

おはようございます!敏です。

毎週メンバーのお気に入りを紹介しているYaya’s Favorite Songsですが、ついに(地味に)50回目を迎えました!

本日ご紹介するのはStingのライブ盤より、「Bring on the night」です。スティングがブランフォードマルサリスを始め、錚々たるジャズミュージシャンを集めて行ったライブを収録したもので、ものすごい熱気が伝わってくる名盤です。

特に、ピアノのケニー・カークランドのプレイは鳥肌ものです。

4:27あたりからのキーボードソロ、キレキレです♪

やっぱりこう、歌がメインであって(スティングも素晴らしい)、途中から切り込んでくるこの感じ、オイシイですね~(笑)このテイクを「サイドマン切り込みソロ」第一位に勝手に認定します(笑)

僕個人もメインでピアノを弾くより、脇で好き勝手やるほうが好きだったりします。ヤヤズでやってますが(笑)

では、また台風で天気が悪いみたいですが、素敵な一日をお過ごしください♪


菅原 敏(Pf,Key)