Yaya’s Favorite Songs[vol.58]

寒くなってきました。我が家はもう石油ファンヒーターが登場しております。そんな井上亮です。

先週は自分が音楽を始めるきっかけになった人、Paul McCartneyのライブを見てきちゃいました。

今でも感動冷めやらずの状態です。自分もあの年になっても音楽をしていたいなーと思います。

 

でもここ10年で出会った人に楽器を始めた理由を話してもなかなか信じてもらえません。まー確かに演奏スタイルとか全然違うししかたない事ですが、凄く歌モノ好きです。

特にポールの作り出すメロディーって誰でも一度耳にしたらすぐに一緒にハミングできちゃうくらい分りやすいんだけど、オリジナリティ溢れ彼にしか作る事ができないモノばかり。 これって凄い事ですよね、そんな名曲を沢山作ってきて、ライブではいつでもハイクオリティなパフォーマンスを繰り広げるというのはなかなかできない。

 

同じビートルズのメロディーメーカーのジョンとのタッグが有名ですけど、自分はポールの個性をより楽しむならビートルズ解散後の曲をお勧めします。 もちろんビートルズ時代の曲も素晴らしい、これは間違いないんですけど解散後の曲はとにかく自由度が高いというか、自身の幸せの為に音楽をしている印象を自分は受けます。つまり「やりたい曲だけやる」というスタンスとでも言うんでしょうか。 かなりマニアックなモノもありますけどメロディーはポップに仕上げていて「ポール節」というモノが気持ちいいくらいに馴染むんですよね。

 

その中で一番好きで先日のライブでも披露してくれた曲を今回は紹介します。 “Listen to What the Man Said”という曲です。

 

底抜けに明るいコードとアレンジで作られた曲なんですけど、Aメロ冒頭のダウン気味なメロディーをこれまた少しトーンを落とした歌声を乗せるところがなんとも憎い!!

しかもサビでのアンサンブルの広がり方も盛り上げすぎないで淡々と進むんですが、曲全体を通して盛り上げていくなんとも不思議な曲なんです。こりゃ癖になりますよ。 ライブではテンポを上げて底抜けにハッピーに披露していましたけど、うむ・・・どちらも素敵過ぎる。


井上 亮 (b)

Yaya’s Favorite Songs[vol.57]

こんばんは。佳代です。

随分寒くなってきましたね。

年を追う毎に秋が短くなっているような気がするのは気のせいでしょうか・・・。

さて。

実は今日、本当は全く別の曲をご紹介するつもりで書いていたんですが、

完成間近のところでyoutubeでたまたまこの曲を見つけてしまい、

あまりの懐かしさにテンションが上がり、

急遽内容を変更してこの曲をお届けすることにしました。

あまりにも有名な曲なので、敢えて紹介するというよりは

「うわぁ、懐かしい!!」という感じで楽しんでいただきたいと思います。

もう17年も前の曲なんですね〜。本当によく聴いたなぁ・・・。

今あらためて見ると、PVって細部こんな感じだったんだとか

歌詞こんな内容だったんだとか、新たな発見がありますね。

でも今見てもカッコいい。

こういう風に言葉を放り投げるように歌ってかっこ良い人に憧れます。

以前にご紹介したAmos Lee然り、Jack JohnsonやDonavon Frankenreiter然り。

日本で言うと少し系統違いますが、トータス松本さんとかハナレグミの永積タカシさんとか

喋ってる延長に歌があるというか、決して”歌おう”として歌うのではなく、

「喋るより音符に乗せて伝えた方が伝わりそうだから歌いました」

みたいな音楽への向き合い方の自然さが本当に素敵だなと思います。

という訳で今回のFavorite Songは Jamiroquaiの「Virtual Insanity」です。

Yaya’s Favorite Songs[vol.56]

こんばんは。敏です。

先日の吉祥寺ストリングスのヤヤズライブにお越しくださった皆様、ありがとうございました!補助椅子が出るほどの超満員御礼!でした。久々の英語曲などいつもとちょっと違うレパートリーも織り交ぜながらお送りしましたがお楽しみいただけましたでしょうか?年内はヤヤズのライブはもうないのですが、来年また新作に向けて突っ走っていきますのでどうぞよろしくお願いします♪

さて、月曜恒例のYaya’s Favorite Songsですが、今日はアルゼンチン・タンゴの巨匠、アストル・ピアソラのライブ盤をご紹介します。

バンドネオン(アコーディオンとはちょっと違う楽器なのです)奏者としてタンゴの世界に革命を起こしたと称される音楽家で、まず顔がいかにも巨匠。彫刻のようです。絵になりますね~。

ライブ盤の音源があまりyoutubeで見つからなかったのでとりあえず超定番のリベルタンゴを貼っておきます。

ピアソラの魅力は、音そのものが持つ芳醇な香りや、バンドの緊張感、スケール感など、一言では言い表せませんが、個人的には混沌からふっと浮かび上がる美にやられてしまいます。

いきなり不協和音の連発でグシャグシャになったと思ったらその中から突然夢のように美しいフレーズが浮かび上がってくるという構図の曲が多い気がします。ただの綺麗な曲ではない、ひとくせもふたくせもある、そして一度ハマってしまうと抜け出せないという危険な香りがまた堪らないですね。

この『Live in Wien』、どの曲も素晴らしい緊張感に満ちていて、とても素晴らしいアルバムです。是非全曲通して聴いてみていただきたいCDです。


菅原 敏(Pf,Key)

Yaya’s Favorite Songs[vol.55]

どうも月曜日です。あいにくの空模様ですが、俺は雨の日に家にひっそりと潜むのが好きなんで嬉しいです(暗っ!!)

そんな訳で恒例のFavorite Songsなんですが、実は紹介とかあまりしたくないんですよねw絶対みんな知ってるやろ!と思って しまいがちでちょいと恥ずかしいのもあるんですが、知らない人がいた時に聴いて欲しいと思い勇気を出して発表なり。

今回は特定の曲ではなく、あるグループの紹介になりますね。 AJICO(アジコ)というバンドです。知ってますか?? 浅井健一とUAが中心となった濃すぎるバンドで、スタジオ録音アルバム「深緑」、ライブアルバムや映像を一年程の活動期間の中 で発表して解散した伝説的バンドです。

もうさ、浅井健一とUAという時点で個性溢れすぎで収拾つかないんじゃないの??と当時は思ってましたが、アルバム「深緑」 を聴いてみてください。ぶっ飛びますから。

今までの日本人ミュージシャンがやろうとしても出来なかった事を普通にやっています。そこがまずカッコいいし、浅井健一の 個性とUAの個性がいい感じに混じってですね、それを強烈にプッシュするドラムとベースがまたかっこいいんですよ。

このアルバムは一家に一枚あった方がいいです(断言)。全曲シングルカットできちゃいます。

ライブでの「ぺピン」という浅井健一が以前に組んでいたBLANKEY JET CITYというバンドの曲を演奏していますが、見事に AJICOサウンドに変貌しています。 ファンサービスで浅井健一が歌うんですけど、そこも実にロックでかっこいいし、UAの野太い声の後に、また浅井健一の声が よく映えるんですよ。

本当にこのバンド素敵すぎるわ。


井上 亮 (b)