Yaya’s Favorite Songs[vol.75]

こんばんは。佳代です。

今回は再び玉置浩二さんの登場です。

この曲は玉置さんの新しいアルバム「GOLD」に収録されている曲なのですが、

そんな前情報も知らず、私は先日テレビ番組で初めてこの曲の生演奏を目にし、

玉置さんの魂の叫びのような歌に衝撃を受け、釘付けになりました。

後で知ったのですが、この曲は玉置さんが大切な友人を病気で亡くして

悲しみに暮れていたある日、ビルの間から昇ってくる朝日を見て涙が止まらなくなり、

そのまま書き上げた曲だそうです。

「どんなに辛く、悲しいことがあっても朝は必ずやってくる。

自分たちはその想いやもう会えない人のことを忘れることなくしっかりと生きていこう」

という玉置さんの想いが強く伝わってくる曲です。

もうこの人の歌はどの領域までいってしまうのだろうと思わされるような

素晴らしすぎる歌です。

Yaya’s Favorite Songs[vol.74]

こんにちは。敏です。74回目のYaya’s Favorite Songsです。

今日は日本のシンガーソングライター、浜田真理子さんの「のこされし者のうた」をご紹介します。

浜田真理子さんはピアノ弾き語りをされる方で、雰囲気としてはキャロル・キングとかに近いのかなあという印象です。

とても切ない、寂しい世界観の歌詞ですが、声の温かみと相まって、単なる絶望であったり救いのなさではない、心が締め付けられるようでいてなおかつ温もりも感じる不思議な空気を持っています。

またこのピアノが朴訥に、時に力強く、歌を支えており、自分の声に一番合った伴奏をしながら歌えるシンガーソングライターならではの強みも魅力的です。

「MARIKO」というこのアルバム、ほかにもアメリカのシンガーソングライターの雰囲気を感じさせる英詞の曲があったりと、非常に濃い内容になっているので、気になったらぜひ聞いてみてくださいね。


菅原 敏(Pf,Key)

Yaya’s Favorite Songs[vol.73]

最近は一日遅れが多かった自分ですが、ちゃんと更新覚えてました。そんな井上 亮です。

まだまだ寒いですね・・・3月ってこんなに寒かった??ちょっと寒さに負けそうで困っています。

今回のコーナーで紹介する曲はまさにこの時期の曲です。曲名からして実は昨日に更新したかった感じですねw

レミオロメンの「3月9日」。ご存知の方も多いと思います。最近では音楽の教科書に載ってるみたいですね。

この曲が発売された時は自分がまだ19歳で状況した時でした。3ピースロックバンドとして既にインディース時代から結構好きでその曲のセンスも歌詞も大好きだったんですが、なによりも「3ピース」という編成で出来る最大限の曲の生かし方が凄く上手いなーと思っていました。ライブでもほぼCDと変らないアレンジで演奏できる事を意識していたのかな?と思います。その後は某有名プロデューサーがついて本来のバンドサウンドを見事にぶっ壊してヒットは連発しましたけどすっかり別物になってしまいましたね(涙)

この曲はそんな状態になる前の自分が好きだった時の曲で、レミオロメンの中では「電話」という曲の二番目に好きです(一番じゃねーのかよ)。

先日たまたま車でラジオを流していたらこの「3月9日」が流れてきたんですけど何回聴いても耳が反応してしまいますね。初めて聴いた時からどこか懐かしさを感じさせるこの曲。これからも日本の歌のスタンダートとして生きていくんだろうなーって思います。

3ピースロックバンドが全ての世代に通じるこの名曲を作った事が本当に凄い事だと思います。


井上 亮 (b)

Yaya’s Favorite Songs[vol.72]

こんにちは。佳代です。

今回のFavorite Songは、10年程前の青春時代に(笑)とてもよく聴いていた

Tamiaの「Officially Missing You」という曲をご紹介したいと思います。

今でも時々聴きたくなることがありますが、聴く度に

その頃の感覚や過ごした日々の断片、匂いや空気が一瞬で蘇るくらい、

とにかくよく聴いていた大切な曲です。

スッと入ってくるメロディとシンプルで切ないけどどこか温かいギターサウンド、

タミアの優しくて透き通るような甘い声は本当に何度聴いてもウットリします。

シンプルな曲なので、これなら弾き語りできるかも、とギターを練習して

一時期はある程度弾けるようになっていたのですが、結局披露する機会もなく(笑)、

今はもうギター自体全く弾けなくなってしまいました。

Tamiaのメチャクチャ歌うまいのに、歌い上げすぎないヴォーカルも

良いですね。何と言っても綺麗だし(笑)

あ、ついオッサン目線が出てしまってすみません。

本当に美しい曲なので是非聴いてみてください。