Yaya’s Favorite Songs[vol.80]

こんにちは。敏です。Favorite Songsも80回目ですね~。 今回はDr. Johnの「Dorothy」をご紹介します。 中学校に入る前くらいですかね、うちの姉が好きで聞いていたCD(カセットかも)の1曲目に収録されていた曲です。ジャズっぽい曲(まあ、ちょっとジャズとも違いますが)で最初に聞いたのは多分この辺じゃないかなあ。よく考えると姉も高校生とかなので、渋いの聞いてんな~って話ですが(笑) Dr.Johnには「ガンボ」とか、バンド編成の名盤がたくさんあるのですが、このCDはピアノソロか、ピアノの弾き語りのみで構成されています。

なんでしょう、この独特の訛りというか、間の取り方というか。今まで聞いてきた音楽とは全く捉え方が違っていて、当時衝撃を受けました。この曲、展開とかもベタベタな感じなんですが、すごく人間らしくて、愛があって、Dr.Johnがピアノと向き合って、音を楽しみ、慈しんでいる姿が目に浮かぶようで、何度聞いても幸せになってしまいます。 また、この曲はピアノだけなんですが、歌入りのものもあって、独特のダミ声がまたいい感じなんですよ。このCDに収録されているSilent Nightとかは、クリスマスのコンピレーションアルバムを作るなら真っ先に入れたいくらいゴキゲンです♪(見つけたのでこちらも貼っておきます)


菅原 敏(Pf,Key)

Yaya’s Favorite Songs[vol.79]

どうもこんにちは、月曜日ですね。素敵な一週間の始まりです。そんないい事をサラッと言ってしまういい男の井上 亮が今回紹介する曲は・・・とその前にいつも曲を紹介するだけになっていますので今日はちょいと回り道を。 先週にライブとかではなくプライベートで熱海に旅行してきました。熱海にいったついでに初島にも行きました。 熱海ではお昼から日本酒と寿司を楽しんで夜は山のペンションで過ごしました。料理も美味しかったし、夜中にペンションの周りを少し歩いた時に流れ星(しかも特大!)を見たりと、記憶に残る一日になりました。 初島には次の日に行ったんですが天気もよくて魚介類も本当に美味しかったです、島もそこまで大きくないので一週まわってして久しぶりにのんびりした休日を過ごせました。また行きたいですね。 そして今日は打って変わって関東はあいにくの雨です。まー外出しない時の雨は大好きなので今日も気分はいいのですが、やっぱり皆さんは晴れてる方がいいですよね??w こんな天気にうってつけの曲を紹介しようと思います。 平成生まれ以外は絶対知っている名曲、Askaさんの「はじまりはいつも雨」です。 CHAGE and ASKAでも沢山の名曲があるし、ソロでも本当に沢山ヒットを出してますよね。 自分の年齢ですと幼いながらもテレビで歌番組が流れていると必ずCHAGE and ASKAの曲が流れていた記憶があるほどお茶の間に浸透していたような気がします。 正直いって当時は「流行っている人」という認識でしかなくて、物心ついて自我が芽生えた頃には「ちょいと過去の人達」という感じでちゃんと聴いた事がありませんでした。 でもここ数年ですね、ちゃんと聴いてみて感動しちゃいました。 とくに今回紹介するこの曲、凄く歌詞がロマンチックで、しかも個性的。最近の中高生とかにしか支持されない下らないラブソングとは一味も二味も違う、大人なんだけど幼い子供が抱くような純粋で真っ直ぐな気持ちがここにあると思います。 そしてこの個性的なボーカルも本当に素敵。今の歌謡曲ではこういうスタイルの人がいなくて本当につまらないなーと聴く度に思ってしまうくらい強烈です。 どうぞ、雨が降っている間に聞いてみてください。


井上 亮 (b)

Yaya’s Favorite Songs[vol.78]

こんばんは。佳代です。

今回は星野源さんの「くせのうた」という曲をご紹介します。

 

星野源さんの声と曲を聴いていると、 どんなにささくれ立った気持ちも、スッと穏やかになっていくから不思議です。 日常の中で自分が囚われているモヤモヤした感情や苛立や孤独が何だかちっぽけなものに思えて、「まぁ、明日もなんとかやるか」という気分にさせてくれます。

 

おやすみ前の1曲として是非。

 

Yaya’s Favorite Songs[vol.77]

おはようございます。敏です。また火曜日になっちゃいましたが、Favorite Songsのコーナーでございます。

本日紹介するのは、ダニー・ハサウェイの「Love,Love,Love」です。ドリカムじゃないですよ。

ダニー・ハサウェイといえばライブ盤があまりにも有名ですが、こちらのアルバムも素敵。イントロからやばいですね~。サビに入るタイミングで歌メロの盛り上がりとともに、「うわ、そこに行くか~!」っていう転調の仕掛けがあったり、黒っぽくもあり、かつ洗練された感覚も持ち合わせた、素晴らしい楽曲です。とにかく聞いてみてください。

そして、お知らせです。本日4/8の22時より、いつもヤヤズ、レトリックともにお世話になっている吉祥寺のStudio Ledaさんで、ユーストリームの番組に参加させていただきます!内容は・・・

名曲「なごり雪」を番組内でアレンジ、そしてレコーディングしてしまおう!というものです!間に合うかな・・・?

アレンジといっても和音付け、リズムを変えたり、楽器の編成を変えたり・・・etc 方法は無数にあるのですが、今回は時間が少ししかないので、コード(和音)の付け方を変える、専門的に言うと「リハーモナイズ」という作業を中心にお送りします。

もちろん音楽に正解も不正解もありませんので、今回お送りするのは、ほんの一例、こういう見方もできるかな?というものなので、気軽に見て楽しんでいただければ嬉しいです。

佳代ちゃんは高知なので参加できませんが(事前に歌のメロディだけ録音済みです)、ベースの亮と2人で参加させていただきます!

お楽しみに!

視聴は以下より。

http://www.ustream.tv/channel/musica-da-leda?utm_campaign=t.co&utm_source=ustre.am%2FIYKv&utm_medium=social&utm_content=20140407162251


菅原 敏(Pf,Key)

Yaya’s Favorite Songs[vol.76]

富山nowhereでのライブにお越しくださいました皆様、そして呼んでくれたnowhereのスタッフの皆様、本当にありがとうございました。

当日は満員御礼ということでとっても嬉しく、そして楽しく演奏できました。富山は初めて行ったんですが一気に好きになりました。

打ち上げの料理もとっても美味しくてビックリです。あんなレベルの高い打ち上げは正直初めてで感動しちゃいました。関東のライブハウスとか酷いところだと金だけ取って冷凍のたこ焼きやらをチンしてお終いなんて事が普通になっているので是非見習って欲しいもんです。

あまり今回のライブの事を言葉にしても自分が感じた気持ちの5割も伝えられないと思うのでここら辺で止めておきます。それくらい富山で出会った人、そしてnowhereのオーナー夫婦の方々から頂いた感動がデカいのだと受け取ってもらえたら嬉しいです。

今回紹介する曲はnowhereでのライブが決まった時にすぐに頭に思い浮かんだ曲です。

このお店の名前からしてオーナーさんは熱烈なビートルズファンなんじゃないかなーと思いました。

ビートルズマニアが必ず読む定期購読誌のタイトルが「nowhere」だからです。

どこかお店もイギリスにある素敵なカフェって感じがしてなりませんでした。

そんな訳でこの曲を。


井上 亮 (b)