Yaya’s Favorite Songs[vol.62]

こんにちは。敏です。

ヤヤズとは別でやっているバンド、Re-trickのレコーディングが無事終わり、ホッとしている所ですが、明日はそのRe-trickのクリスマスライブが吉祥寺ストリングスで行われます。

というわけで、せっかくなのでクリスマスに合いそうな曲を紹介したいと思います♪

クリスマスソングでも良かったんですが、それでは芸がないので、こちらを。Joe SampleとLalah Hathawayによる「For all we know」です。

イントロのピアノの美しいこと。一発でジョー・サンプルと分かる音です。そういうプレーヤーになりたいですよね、どうせなら(笑)

そしてそれに続くレイラ・ハサウェイの声の何と深いこと・・・・

能書きはもういいですね。聞いてみてください。

クリスマスってうちは別に特別な事を何かするわけでもないんですが、「キリスト教徒じゃないし」とかつまんない事を言わずに、プレゼントでも料理でも音楽でも、何でもいいですけど、自分のセンスを発揮して、それぞれが楽しめればいいですよね♪

皆さんも良いクリスマスをお過ごしください!

次回ヤヤズのライブは年明け1/10、高知A’bar!まもなく満席のようです!ご確認お急ぎください!


菅原 敏(Pf,Key)

Yaya’s Favorite Songs[vol.59]

こんにちは。敏です。

今日のYaya’s Favorite Songsは珍しくポップスから1曲紹介します。Mr.Childrenの「雨のち晴れ」です。

ミスチルは個人的には中学高校時代を思い出します。爆発的にヒットしてたので耳にする機会も多かったですしね。

昔は良かった、みたいな話をすると歳をとったなあと実感しますが、やはり僕が中学高校くらいの時は、日本の売れているポップスにも本当に力のある曲がたくさんありました。別に今の日本の音楽シーンを否定するわけではないですが。いや、否定してるか。(笑)

ミスチルはやはりメロディーのセンスとアレンジの妙が際立っています。これは小林武史さんの力もかなりあるとは思いますが、非常に音楽的な内容をポップに落とし込むのが抜群に上手いのです。そしてそれを見事に表現しきる桜井さんの歌。どちらが欠けても成立しなかったでしょう。

この「雨のち晴れ」は、ギターのポップなカッティングから、Aメロで調性をあまり感じさせない桜井さんのボーカルが始まり、独り言にも似た独特の世界観を醸し出します。そしてサビで一気に分かりやすいメロディに展開していくのですが、これが何とも効果的。サビにいくところの「思うよ ああ」の「ああ」が特にいい仕事してますね?。

でも結局これって、曲だけがいいのではなくて、桜井さんの声や歌い回しで表現されるからいいのであって、どちらかの要素だけでは「いい音楽」になり得ないのだな、と思います。

ヤヤズももっと、佳代ちゃんの声ならではの表現やアレンジを心がけていかなくては、と思う今日この頃でした。


菅原 敏(Pf,Key)

Yaya’s Favorite Songs[vol.56]

こんばんは。敏です。

先日の吉祥寺ストリングスのヤヤズライブにお越しくださった皆様、ありがとうございました!補助椅子が出るほどの超満員御礼!でした。久々の英語曲などいつもとちょっと違うレパートリーも織り交ぜながらお送りしましたがお楽しみいただけましたでしょうか?年内はヤヤズのライブはもうないのですが、来年また新作に向けて突っ走っていきますのでどうぞよろしくお願いします♪

さて、月曜恒例のYaya’s Favorite Songsですが、今日はアルゼンチン・タンゴの巨匠、アストル・ピアソラのライブ盤をご紹介します。

バンドネオン(アコーディオンとはちょっと違う楽器なのです)奏者としてタンゴの世界に革命を起こしたと称される音楽家で、まず顔がいかにも巨匠。彫刻のようです。絵になりますね?。

ライブ盤の音源があまりyoutubeで見つからなかったのでとりあえず超定番のリベルタンゴを貼っておきます。

ピアソラの魅力は、音そのものが持つ芳醇な香りや、バンドの緊張感、スケール感など、一言では言い表せませんが、個人的には混沌からふっと浮かび上がる美にやられてしまいます。

いきなり不協和音の連発でグシャグシャになったと思ったらその中から突然夢のように美しいフレーズが浮かび上がってくるという構図の曲が多い気がします。ただの綺麗な曲ではない、ひとくせもふたくせもある、そして一度ハマってしまうと抜け出せないという危険な香りがまた堪らないですね。

この『Live in Wien』、どの曲も素晴らしい緊張感に満ちていて、とても素晴らしいアルバムです。是非全曲通して聴いてみていただきたいCDです。


菅原 敏(Pf,Key)

Yaya’s Favorite Songs[Vol.53]

おはようございます。いや?めっきり寒くなってきましたね。それでは月曜日恒例のYaya’s Favorite Songsです。

寒くなると個人的にオルガンものを聞きたくなるのですが、その中でも今日はちょっと変化球で。

ムッシュこと、かまやつひろしさんと、有名なアメリカのファンクバンド「タワー・オブ・パワー」が共演している「ゴロワーズを吸ったことがあるかい」を紹介します。

このファンキーなオルガンのカッティング、いいですね?♪基本的にオルガンという楽器は、僕の主観ですが、熱や火、灯りなどを連想させるため、こういうファンキーな使い方をするのがやっぱり好きですね。クレジットはされていないですが、おそらくプレーヤーはチェスター・トンプソンという方だと思います。僕の大好きなプレーヤーです。

そして、ムッシュかまやつさん、さすがですね?。まず歌詞の世界観が素敵。男子ですね。こんなの歌にするような話かって言われればそれまでなんですが(笑)、こだわりを持っている人は素敵です。

そしてこの歌詞の字余り具合が半端ない(笑)後半に行くにつれて歌詞がどんどん長くなってほぼ喋ってる。でも間合いとかが絶妙なんですね?普通に歌うよりも歌っているんです。加藤登紀子さんとかもそうなんですが、できるだけ歌わない、楽器を演奏しない、でも音楽を伝える、という領域に行きたいものです。

さて、話は変わってヤヤズですが、11/9にホームの吉祥寺ストリングスにてライブがあります!席が埋まってきていますのでお早めに以下のフォームからご予約ください!お待ちしております。

http://www.yayassong.com/


菅原 敏(Pf,Key)

Yaya’s Song Vol.3 楽曲解説!!

yayas3-3皆さんこんにちは!10/6に発売された『Yaya’s Song Vol.3』はもう聴いて頂きましたか?え?まだ?それはいけませんね!すぐに以下のサイトで「ショッピングカートに入れる」をクリックしてください!(笑)

Amazon

というわけで、せっかくなので各楽曲の解説やレコーディングまでの経緯などをまとめてみました。まあ、音を聞いて頂くのが一番なんですが、いろいろ情報がある方が楽しめるかと思うので・・・よろしければご覧ください。

 

1.少年時代

言わずと知れた井上陽水さんの名曲中の名曲。1曲目に収録されていますが、アレンジをしたのは一番最後でした。個人的にはこのアレンジが今回のCDでは一番気に入っています。佳代ちゃんの歌声の何とも言えない乾いた空気感が、郷愁を誘いながらも過度に甘ったるい感情表現に流されず、絶妙のバランス感覚で伝わってくると思うのですが、いかがでしょうか。

 

2.竹田の子守唄

京都に伝わる民謡。過去には詞の内容などから発禁処分などになることもあったようですね。あまり違和感なく聴けるので気づかないかもしれないですが、実は7/8拍子で演奏されています。いわゆる変拍子ではあるのですが、拍をひとつひとつ感じさせるのではなく、ゆったりとした空間の流れの中で佳代ちゃんの歌が自在に揺れ動く、素敵なバージョンになったと思います。佳代ちゃんの素晴らしいタイム感があってこそですね。

 

3.悲しくてやりきれない

佳代ちゃんのリクエストでアレンジした、フォーククルセイダーズの名曲。様々なアーティストがカバーされています。Aメロの部分は敢えてコードの数を減らし、なんとなくひっかかり、靄が晴れない感じを表現しています。サビでは明るいとも暗いとも取れる微妙なコードを多用する事で、「悲しくてやりきれない、明日はどうなるのか」という気持ちの中に一筋の希望が見え隠れするような雰囲気を感じさせるようにしてみました。エンディングもかなりもやもやしたコードで終わります(笑)

 

4.気球にのってどこまでも

唯一僕がやりたくてアレンジした曲です。みなさん、これ小学校の時とか、合唱で歌いましたよね?何せ教科書に載ってますから。ところが佳代ちゃんはこの曲を知りませんでした(笑)正直この曲をやろうと思いついた時は「これは意外性があっていい!」と思ったのですが、佳代ちゃんに「この曲やりたいんだけど!」と当然知ってる体でメールしたところ、「私この曲知らないんですよね?。メロディを一から覚える感じになりますが・・・」と返信があり、一気にテンションが下がりました(笑)

それはさておき、この曲、平吉 毅州さんという方が作曲しているのですが、この方の曲はどれもとてもユニークで、特徴的なメロディラインを持っています。個人的に凄く好きですね。今回はその曲をさらに複雑なコード進行で、さらに6/8拍子で、さらにさらにイントロはぱっと聞きでは拍子が分からないような少しトリッキーなアレンジにしています。ヤヤズらしさが凄くでているのではないかと思います。

 

5.元気を出して

竹内まりやさんのこの曲、お客さんに人気なんですよね?。ライブで佳代ちゃんの歌を聞いて泣く方もよくいらっしゃいます。確かに声質にとても合っているのではないかと思います。個人的に割と普通な、シンプルなアレンジにしたつもりですが、ボーカルをやっている友人いわく、普通ではないらしいです(笑)途中のベースソロもいいアクセントになっていますね。佳代ちゃんは歌をストレートに、崩さずに歌って、人間の感情の機微を表現する、というタイプの歌い手ですが、それに凄くマッチした曲なのだと思います。

6.風をあつめて

はっぴいえんどの名曲です。注目してほしいのは歌詞と歌声の表情です。佳代ちゃんが歌声だけで情景を描いてみせます。「とても素敵な」は本当に素敵な感じに聞こえますし、「がらんとした」はがらんとした感じに聞こえます。当たり前の事のようですが、これをさらっとできるヴォーカリストはなかなかいませんよ。この曲にも通じる所があるのですが、淡々としているようで、とても豊かな表情を持っているという、青山佳代の真骨頂ではないでしょうか。

7.接吻

オリジナルラブの名曲です。今回のCDは割と大人な曲がありますね(笑)これはもう原曲のアレンジが完成されてるので、変に変えようがなく、どうしようかなーと結構困りました。好きな人も多いですし、佳代ちゃんの声質にもとても合うのは間違いなかったので。所々にブラジルっぽい和声を盛り込んでカラーを出し、サビ前ではちょっと冒険ですがベース(とピアノも)で対旋律(歌のメロディに対して、同時に演奏される別のライン)をぶつけてみました。意外に違和感ないのではないでしょうか。エンジニアの水谷さんに「このアレンジ、何かに似てると思ったらイヴァン・リンスっぽいねー。」と言われました。イヴァン・リンスは僕の敬愛するブラジルの素晴らしいコンポーザー、ピアニストです。正直、意識はしてなかったんですが(笑)

 

8.上を向いて歩こう

日本人なら誰でも知ってるレベルの名曲ですね。これは結構初期からやってるのですが、まだ収録していなかったので、今回のCDには是非入れたい、と思っていました。キメがいきなり入るので結構びっくりされる方がいらっしゃいます(笑)それが狙いです(笑)原曲とはまた違った佳代ちゃんの繊細な表現が素晴らしいですね。

 

9.この道

有名な童謡ですね。これ、ルバートと言って、決まった一定のテンポの上ではなく、歌の呼吸感に合わせて演奏する表現方法があるのですが、通常、歌とピアノとかだけでやる事はよくあるんですが、今回はベースも一緒です。全員の呼吸が合わないとできないので、物凄い集中力と緊張を強いられます。しかし聞いている方にはそう聞こえないという何とも割に合わない曲です(笑)

 

10.Yaya’s Song

このグループが始まるきっかけとなった僕のオリジナル曲です。作詞は佳代ちゃん。もともとピアノと2人で演奏していたCDがあるのですが(現在販売していません)、それから3年弱を経て、何と歌の表現力が増している事か!最初に佳代ちゃんの歌を聞いた時も衝撃を受けたのですが、はっきり言ってレベルが違いますね。歌わずして歌う、という何か高名な武術家みたいな事になってます(笑)意味分からないですね(笑)とりあえず聞いてください!最後の締めにふさわしい曲になったと思います。亮のベースがまた柔らかく馴染んでいて、デュオバージョンよりも個人的に好きです。

 

 

以上、解説でした。どうですか?聞きたくなりました?

そんな方は上記のサイトから「ショッピングカートに入れる」をクリック!!!(笑)


菅原 敏(Pf,Key)

Yaya’s Song Vol.3 CD発売記念LIVE !! at カフェ・ショップ・ギャラリー空

こんにちは。敏です。

明後日10/5はいよいよ愛知の『カフェ・ショップ・ギャラリー空』さんにて、ヤヤズのリリース記念ライブが行われます!まだ伺った事はないですが、写真で見るととても素敵な雰囲気のお店で、今からとても楽しみにしています!

当日は、10/6発売予定の「ヤヤズ・ソングvol.3」を始め、「ヤヤズ・ソングvol.2」「Live in Aoyama」のCDを販売いたします!ニューアルバムはもちろん、どれもおすすめですので、この機会にまとめてゲットしちゃってください!(3枚全部買っても4500円!価格破壊!)

さらに、画家のChihiroさんとコラボした『Yaya’s Song Project × Chihiro』のグッズとして、ポストカード、マグカップ、コースターも販売します!こちらは数に限りがありますので早い者勝ちになりますが、ぜひお買い求めください!

ライブの詳細は以下の通りです。席が埋まり始めていますので、ご予約はお早めにお店までお願いいたします!

2013年10月5日(土)
『Yaya’s Song Vol.3 CD発売記念LIVE !!』

http://www.yayassong.com/

18:00 開場
18:30 開演
チャージ:3800円1ドリンク

会場:カフェ・ショップ・ギャラリー空
愛知県瀬戸市定光寺町524-1
0561-48-6130

http://www.kuu-gallery.com/


菅原 敏(Pf,Key)

Yaya’s Favorite Songs[Vol.50]

おはようございます!敏です。

毎週メンバーのお気に入りを紹介しているYaya’s Favorite Songsですが、ついに(地味に)50回目を迎えました!

本日ご紹介するのはStingのライブ盤より、「Bring on the night」です。スティングがブランフォードマルサリスを始め、錚々たるジャズミュージシャンを集めて行ったライブを収録したもので、ものすごい熱気が伝わってくる名盤です。

特に、ピアノのケニー・カークランドのプレイは鳥肌ものです。

4:27あたりからのキーボードソロ、キレキレです♪

やっぱりこう、歌がメインであって(スティングも素晴らしい)、途中から切り込んでくるこの感じ、オイシイですね?(笑)このテイクを「サイドマン切り込みソロ」第一位に勝手に認定します(笑)

僕個人もメインでピアノを弾くより、脇で好き勝手やるほうが好きだったりします。ヤヤズでやってますが(笑)

では、また台風で天気が悪いみたいですが、素敵な一日をお過ごしください♪


菅原 敏(Pf,Key)

リリースライブのお知らせ!!

こんにちは。敏です。

さてさて、9/21の吉祥寺モモカレーのライブも近づいてきましたね?!イベント盛りだくさんすぎてパンクしそうですが、めちゃめちゃ楽しみです!席がそろそろ埋まってしまうのでまだ予約されていない方はお急ぎくださいね!

そして、10/5(土)に、ベース亮のお姉さんが愛知でやっているカフェギャラリーにて、リリースライブをさせて頂くことが決定しました!!発売1日前ですが、もちろんニューアルバム「Yaya’s Song Vol.3」を先行販売いたします!その他、「Yaya’s Song Vol.2」「Live in Aoyama」も持って行きますので、合わせてご購入ください!!(3枚買っても4500円!安すぎ!)

お近くの方は是非是非、お越しください♪

ライブの詳細は以下の通りです。お店またはバンドのメールまでご連絡をお願いします!

 

『Yaya’s Song Vol.3 CD発売記念LIVE !! at カフェ・ショップ・ギャラリー空』
2013年10月5日(土)
『Yaya’s Song Vol.3 CD発売記念LIVE !!』http://www.yayassong.com/18:00 開場
18:30 開演
チャージ:3800円(1ドリンク込)

会場:カフェ・ショップ・ギャラリー空

http://www.kuu-gallery.com/
愛知県瀬戸市定光寺町524-1
0561-48-6130
バンド予約メールアドレス:
yayassong@gmail.com
よろしくお願いします!!

菅原 敏(Pf,Key)

Yaya’s Favorite Songs[vol.47]

こんにちは。敏です。

いや?今日は涼しいというか朝は寒いくらいでしたね?なんとも過ごしやすい気候です。

今日は休みなのでソファーに寝転がって、出来たばかりの『Yaya’s Song Vol.3』を流しながら佳代姫の歌声に浸っていました。いや?早く聞いてもらいたい!9/21(土)の吉祥寺モモカレーのライブで先行販売ですよ!残席も少なくなってきましたので、ぜひご予約お急ぎください!!

というわけでFavorite Songs、ヤヤズの新譜をご紹介したいところなんですが、あまりにも宣伝が続くので(笑)、代わりに、こんな気持ちのいい日にぴったりの音楽を。

Cassandra Wilsonの歌う『Blackbird』のカバーです。

Cassandra Wilsonの深い声が最高です。しかし声低いですね?(笑)時々男かと思うくらいです。もちろん、ただ低いだけでなく、爆発するような色気を内に秘めた、唯一無二の世界観を作り出していますね。お手上げ状態です。

原曲はビートルズで、もちろんそちらも最高。

Brad Mehldauのカバーも最高。

http://www.youtube.com/watch?v=cyYV27cZmUg

いい曲は、素晴らしいアーティストがカバーすれば、ほぼ全て素晴らしくなるものですね。

みなさんも芸術の秋、五感を存分に働かせて音楽を聴いたり、美術館に足を運んだりしてみてはいかがでしょうか?とりあえず9/21、同じく低音の魅力的な女性ボーカル、青山佳代率いるヤヤズソングプロジェクトのライブにご来場ください。お待ちしてます(笑)


菅原 敏(Pf,Key)

お知らせ!!

こんにちは!敏です。今回はニュース目白押しですよ!長いですが是非チェックしてみてください♪

さてさて、いよいよ今月の21日は吉祥寺「Momo Curry」でのヤヤズライブです!だいぶ席も埋まってきていますので、ソールドアウトになる前にお早めにご予約ください!!ミュージックチャージは投げ銭のみ、テーブルチャージ2500円でカレーと1ドリンクがセットになっている非常にお得な内容です!お見逃しなく!予約は以下のフォームからお願いします。

http://www.yayassong.com/

そして当日は、momo curryで出会った素敵な画家のChihiroさんの絵の展示、グッズ販売などを予定しています!どんな絵を描かれるか気になる方のために、PVを作ってみました♪是非ご覧ください。

素敵ですね?♪ホームページには他にもたくさんの魅力的な作品がありますので、是非ご覧ください♪Chihiroさんは9月に代官山のギャラリーの企画展にも参加されるようなのでお時間ある方は是非そちらも行ってみてくださいね。

http://chihirogallery.jimdo.com/

https://www.facebook.com/events/479977585427895/

そしてそして、ライブ当日は、10/6に発売予定の新譜『Yaya’s Song Vol.3』を先行販売しちゃいます!お値段据え置き税込1500円のリーズナブル価格!もちろんみなさん買いますよね?(笑)

AmazonではもうCD情報がアップされていましたので、こちらにもリンクを貼っておきます!収録曲などが確認できます!

Yaya’s Song Vol.3 at Amazon

 

こちらのCDのジャケットは佳代ちゃんの友人の画家、Ogawa Sayakaさんが描いてくださいました!!これまた素晴らしい才能ですね!

yayas3-3

どうです?欲しいでしょう?(笑)

小川さん、現在埼玉のカフェにて展示をされています!9/23までやっていますのでお近くの方是非足を運んでみてください♪

oga-sa

ジャケットデザインはもちろんデザイナー岡君!信頼のクオリティーです。

そしてなんと岡君、「You Fab 2013」という紙をレーザーカットした商品のコンペティションにて優勝しました!(驚)作品を見ましたが、さすがのセンスに脱帽です。優勝って・・・(笑)

You Fab 2013 結果発表

ヤヤズはたくさんの素晴らしい才能に支えられているなあと改めて実感したのでありました。

というわけで9/21はほとばしる才能を堪能しに来てください(笑)ご来場をお待ちしております!


菅原 敏(Pf,Key)