Yaya’s Favorite Songs

Yaya’s Favorite Songs[vol.99]

こんにちは。青山佳代です。

今日の高知は久しぶりにすっきりとした青空で気持ちが良いです。

こんな晴れ渡った空を見たのはいつぶりだろうというくらい8月は毎日雨でした。

秋こそは穏やかな秋晴れが続いてくれることを願うばかりです。

さて。記念すべき100回を目前に控えた今回は、floetryの「SAY YES」という曲をお届けしたいと思います。

Floetryは少しクラシックっぽいアプローチをするボーカルMarshaとポエトリーリーディングに近いラップを担当するNatalieから成るR&B女性デュオで、残念ながら2006年に解散してしまったのですが、何とも言えない気怠くアダルトな(?)雰囲気にハマり、一時期本当によく聴いていました。

ボーカルのMarshaは優れた作曲者でもあり、「Butterflies」という曲は何とあのマイケルジャクソンに楽曲提供され、2001年のマイケルのアルバムに収められています。

少し話が逸れますが、マイケルと言えば、先日マイケルジャクソンの誕生日に友人から誘われ「マイケル会」というものに参加してきました。

DVDが流せるお店でひたすらマイケルの楽曲のPVやライブ映像を流し、いかにマイケルが素晴らしいか、かっこいいかをひたすら語り続けるという会でした(笑)

なかなか楽しかったです。

Yaya’s Favorite Songs[vol.98]

おはようございます!敏です。

 

Favorite Songsもまもなく100回ですね?地味に続いてるなあ。

 

今回はたまたまyoutubeを見ていて見つけた、とても素敵なシンガーソングライターをご紹介します。

長尾真奈さんというピアノ弾き語りのボーカリストで、僕は存じ上げなかったのですが、曲、声、ピアノすべてが信じられないほど素晴らしい。その中でも特に心をつかむ名曲「雨」をお聞きください。

 

 

ものすごい才能です。ライブ観たい。スケジュールが載ってない・・・今はあまり活動されてないんですかね?残念です。


菅原 敏(Pf,Key)

Yaya’s Favorite Songs[vol.97]

こんにちは、井上 亮です。

ここ最近は気温も下がり過ごしやすいですね。

世間ではこの時期くらいまで各地でフェスが開催されていて何で俺たちが呼ばれないのかが毎年不思議でしかたがないのです。だれか呼んでくれないとその内呼ばれても「出ないよバーカ」って言いますからね(嘘)

今回はそんなフェスで最近は大御所や海外アーティストに頼りっぱなしな感もありますが、まだイケイケのロックバンドがうようよいた時代の映像をどうぞ。

その中でも特に自分が大好きでたまらないバンドです。

知らない?おいおい、ロックじゃねーなあんた?あんたちょっと変だよ?とりあえずメロンソーダとチリドッグを持ってきてくれよ。

こんな感じで彼らの歌詞を使って高校生の頃は会話をしていたくらい好きです。

最後のベース照井さんの雄たけびも最高!!!!!!

ではTHE?BLANKEYJET CITYでD.I.Jのピストル!!!!


井上 亮 (b)

Yaya’s Favorite Songs[vol.96]

こんにちは。青山佳代です。

皆さん、この夏をいかがお過ごしでしょうか。

各地で猛暑や大雨が報じられていますが、高知も8月は大雨ばかりで気温もそれほど上がらず、蝉の声だけが唯一夏であることを思い出させてくれるような何とも夏らしくない夏を迎えています。

暑いのはそれほど得意ではないのですが、不思議なもので、このまま涼しくなってしまったら、それはそれでちょっと寂しいなと思ってしまいます。

さて。今回はこんな季節に涼やかな気持ちになれる1曲をお届けしたいと思います。

高鈴(こうりん)の”リトルダンス”という曲です。

高鈴は京都出身のアコースティックユニットで、学生時代を京都で過ごしていた私は、関西エリアで彼らのライブがある時はよく足を運んでいました。

私はこのリトルダンスという曲で彼らを知ったのですが、一度聴くと頭をぐるぐる回り出すメロディと、濃密だけど涼やかなボーカルにすっかりハマってしまい、本当に繰り返しよく聴きました。

今でもこの曲を聴くと京都で過ごした頃の想い出が蘇ってくる、自分にとっても大切な曲です。

Yaya’s Favorite Songs[vol.95]

こんばんは。敏です。ギリギリ月曜にアップです。

今週のFavorite Songsは、ちょっと懐かしい、東京スカパラダイスオーケストラと奥田民生さんの「美しく燃える森」をご紹介します。

スカパラはこれまで、数多くのヴォーカリストをゲストに迎え、共演しており、どれも素敵なのですが、その中でも最も楽曲、質感などがハマっていると思うのはやっぱり奥田民生さんです。

クールかつ情熱的な進行のメロディ、サビの間の取り方、実に魅力的な曲。ゆるーく歌っているようで実はめちゃめちゃピッチも正確で圧のある歌。行き過ぎない、ほんのりラテンな風味も最高。

スカパラと他のアーティストのコラボ曲も是非チェックしてみて下さいね。

 

 


菅原 敏(Pf,Key)

Yaya’s Favorite Songs[vol.94]

昨日は暑くて(毎日ですが・・・)ビールを呑んでいたら朝になっていました。喉がガラガラなんで楽しくて喋りまくっていたんでしょうね。でも呑みすぎには注意。野外で飲むときは別に必ず水分補給です。

今回紹介する曲は最近のマイブームで「何で当時から聴いていなかったんだ!」と凄く後悔したバンドの曲です。

フジファブリックの「若者のすべて」という曲です。このバンドは何回も聴いてきたはずなのにちゃんと向き合ってこなかったのか、最近になってその素晴らしさに震えています。ご存知の方も多いと思いますが、ヴォーカルの志村さんは5年前にお亡くなりになっていて、もう生では聴けないんだと思うと残念でなりません。

アルバムを一枚通して聴いてわかったんですけど、どの曲も抜群のポップセンスでアレンジ含めて実に無駄がないんですよね。そして何よりも歌声。聴いている人をノスタルジーな世界へ連れていくこの声、そして歌詞の持つ独特の空気は今世に出回っているバンドには無い素晴らしいモノだと思います。


井上 亮 (b)

Yaya’s Favorite Songs[vol.93]

こんにちは。佳代です。

昔よく聴いていた曲をちょっとしたキッカケで思い出し、あらためてハマることってあると思うのですが、今日はまさにそんな1曲をお届けしたいと思います。

特にこのライブはリアルタイムで聴いていた頃よりボーカルの力が抜けていて、コーラスの厚みがとても心地よくて本当に素敵です。

大宮エリーさんとのトークもメッチャ面白いので是非全編通してご覧ください。

それにしてもこの方はどこまで魅力的なのでしょうか。いつ見てもお美しいです。
最近のヘビロテ、Charaさんの「ミルク」です。どうぞ。

Yaya’s Favorite Songs[vol.92]

こんにちは。敏です。

毎度おなじみFavorite Songsのコーナーです。今回はパット・メセニーの「Secret Story」というアルバムから冒頭の「Above The Treetops」をご紹介します。

正直、パット・メセニーはちょっと前まで、あまり好きではありませんでした。先入観的な部分も多く、語弊があるかもしれないですが、あまり雑味のない音と音楽のスタイルは、どちらかというとイージーリスニングな印象があり、いつもボーダーTシャツを着てて、髪がモサモサしてる人、という程度(笑)

しかしこの「Secret Story」、これは素晴らしい。冒頭のカンボジアのコーラスの微妙な音程感の作り出すうねりの中で登場してくるギターのフレーズのなんと美しい事。タイトル通り、壮大な「ストーリー」を見ている錯覚に陥るかのような作品。音楽作品というよりも、すべての感覚に訴えかける作品であると思います。

そしてこれをきっかけに、パットメセニーの他の作品についても、そのとてつもない美しさ、というものが理解できるようになった気がします。あまりに完璧すぎてサラッと聞けてしまう部分があるのですが、そのフレーズひとつひとつのエネルギーがとてつもないのです。

「Secret Story」というアルバムは、ライブバージョンが映像にもなっていて、そちらもとても素晴らしいので(カンボジアのコーラスも見事に再現してる!)是非合わせてご覧ください。

でもボーダーTシャツはピカソの方が絶対に似合う(笑)

 

 

 

 

 

 


菅原 敏(Pf,Key)

Yaya’s Favorite Songs[vol.91]

どうも井上 亮です。ワールドカップはドイツの終了で終わりましたね。これで朝から酒を呑む理由が無くなってしまい少し寂しいです。4年後は是非日本にも決勝リーグへ行ってほしいですね。

気温も上がってきていよいよ夏本番か?というこんな季節に今回は爽やかな男性アイドルを紹介しましょうw

先月にとある現場でこの曲を何回か演奏する機会があったのですが、ちょっと予想していた以上にいい曲でして、その時は少しアレンジを加えたような感じだったんですが気になって原曲も聴いてみたんですけど、俺は好きでしたw

このコーナーでまさかの登場です。

ジャニーズの嵐です!俺のオカンが大好きな松潤(マツジュン)のいるスーパーアイドル軍団です!

曲は「Monster(モンスター)」です。

もうキラキラしていて眩しいです。でもどことなく夜をこのテンポの中で思わせるコード進行にメロディー、そして怒涛の後半へ向けた展開に度肝を抜かれます。歌詞も女子受けしそうな情熱的な内容ですけど、これちゃんと聞くとめちゃ熱いですよ、熱いです。

嵐はデビューの時からなんか好きなんですよね。あとTOKIOも好きだ。

メンバーのみんながいい人オーラ全開だし、なによりメンバー同士の中が良さそうなのもいい。

ムキムキで真っ黒でなんかテカテカしている某グループが最近でも凄い人気があるみたいなんですけど、嵐の正統派路線を俺は支持します!


井上 亮 (b)

Yaya’s Favorite Songs[vol.90]

こんにちは。佳代です。

私事で恐縮ですが、ギターを始めて1ヶ月が経ちました(笑)

独学なので成長もかなりスローペースですが、

ひとつずつでも出したかった音が出せるようになるのはとても嬉しいものです。

いつかまたライブでギターを披露できるよう練習に励みます。

さて今回は現在ギター練習中のこの曲をご紹介したいと思います。

日本でももの凄くヒットしたので憶えていらっしゃる方も多いかとは思いますが、

あらためて聴くと本当に時間を忘れてうっとりとさせてくれる曲ですね。

彼女の甘くてキュートな声と歌っている時の幸せそうな顔がたまらなく素敵です。

シンプルに心に届く音楽っていいですね。ヤヤズの音楽もそうでありたいといつも思います。