Kayo Aoyama (vocal)

Vocalist, Kayo Aoyama, is from Kochi-shi, Kochi. While a student of Ritsumeikan University, she met a cappella and began to sing. After studying to New Orleans, she participated in Bin Sugawara’s CD album “Yaya’s Song” in 2010,in which she wrote lyrics of “Yaya’s Song” and sang the song. Her song in this CD got a high evaluation afterwards.

In 2012, she released a CD “Yaya’s Song Vol.2″ ,showing the new view of the world of Nursery rhymes and Japanese songs, and her great power of expression in songs was highly praised. She also plays with a jazz piano trio “Re-trick” many times, challenging new expression of voice with her great sense of rhythm. She is one of the most up-and-coming vocalists now.

 

Kayo's News!!

2001年 立命館大学にてアカペラに出会い、音楽を始める。
2003年 ニューオリンズへ遊学。
2005年 音楽活動のため上京。コーラスなどサポートを中心に音楽活動を行う。
2008年 一旦音楽活動を休止する。
2009年 友人に誘われ、ゲストボーカルとしてライブに参加する。このライブ以後数回に渡ってライブを行う。 また、この際にサポートで参加していたピアノ菅原敏と出会い、菅原はリハーサルで彼女が歌った『Close to you』を聞き、その類稀なる歌声に心酔し、以降さまざまな機会を作っては共演を続ける。
2010年 ピアノ菅原敏の第一子誕生記念の自主制作CD Yaya’s Song』>に、 タイトル曲”Yaya’s Song”の作詞、ボーカルとして参加。好評を博す。
2011年2月 渋谷でのリーダーライブを最後に、一旦高知へ帰京する。
2011年10月 ピアノ菅原敏の地元である岩手県奥州市にて行われたコンサートにボーカリストとして参加。これ以降、東京を中心に月1回程度のライブを行う。
2012年5月 童謡、日本のうたを題材としたアルバム『Yaya’s Song Vol.2』をリリース。繊細な歌の表現が話題となる。
2012年10月 ジャズピアノトリオ『Re-trick』の活動再開のニューアルバム『re:Re-trick』(2012/10/10発売)にボーカルとして参加。