Yaya’s Favorite Songs[vol.32]

Posted in: Yaya's Favorite Songs, 菅原敏

おはようございます。敏です。

一昨日、「Yaya’s Song Vol.3」のレコーディングに向けたプリプロを行って参りました。今回も非常にバラエティに富んだ選曲なわけですが、これがとても楽しくて、来月のレコーディングが待ちきれない!状態です。

佳代ちゃんの歌、いいなあ。この人は声だけで一体どこまで深い表現しちゃうんだろ、と、息をのむ瞬間が何度もありました。一緒に音楽していると本当に幸せになります。

あ、ついでですが(笑)、亮のベースも深みを増してますし、僕も多少ピアノをちゃんと弾けるようになったかな?と思いました。もうヤヤズも1年やりましたからね。さすがにアンサンブルも成長しますよね。新作、是非楽しみにしていてください!おっと、その前に佳代ちゃんの青山のライブ盤が発売になりますからね!こちらも必聴です!6/15は先行発売ライブで皆さん外苑前Zimagineで僕と握手!ですよ!

さて、Yaya’s Favorite Songs[vol.32]です。

御大Herbie Hancockのアルバム「River」より、Norah Jonesをフィーチャーした「Court and Spark」をご紹介します。

ピアノの静かなイントロからバンドが入る瞬間にまず鳥肌が立ちます。そして、Norah Jones、「Don’t Know Why」などでお馴染みですが、だいぶ印象が違いますね~。もっとポップなイメージだったんですが、こんな表現もするんですね~(上から笑)。と言うかこれはHerbie HancockがNorah Jonesの別の面を引き出しているという事なんだと思います。実際このRiverというアルバムは、いろいろなゲストボーカルを迎えて制作されており、そのどれもがHerbie Hancockの強烈な世界観で彩られていながら、ボーカリストの魅力がものすごく伝わってくる、という内容になってます。

こういうの聞いちゃうと、ヤヤズも佳代ちゃんのもっと別の魅力をどんどん引き出していきたい!と思います。佳代ちゃんが表現したい世界観には全部対応できるように、僕も亮も鍛錬を積みたいと思います。楽しくてしょうがない!

と言うわけで是非聞いてみてくださいね♪


菅原 敏(Pf,Key)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>