Yaya’s Favorite Songs[vol.89]

Posted in: Yaya's Favorite Songs, 菅原敏

おはようございます!敏です。

遅くなってしまいましたが、先週土曜のヤヤズライブにお越しくださった皆様、ありがとうございました!かなり久々のライブでしたが、ベース亮のバースデーライブということもあり、満員御礼の温かい雰囲気の中、新曲も含めとても楽しくライブすることができました。

yayasstrings

サプライズではなんといっても、佳代ちゃんが1か月前から練習を開始したという、ギターの弾き語りによる「Don’t know why」が素晴らしかったです!1か月前とはいえ、実際は1週間も練習できていないはずなのに・・・ヤヤズでも曲によってギター使いたい、と思ってしまうほどでした。

ryo

亮も皆様からたくさんのお祝いをいただいたようで、本当にありがとうございます!

 

さて、Favorite Songsのコーナーです。

歌もののバックで演奏していて、楽器の演奏者がオイシイ(いいところを見せれる)ポイントというのはどこでしょうか?ソロ?もちろんそれもありますが、個人的にはオブリ(オブリガート、オカズとか)と呼ばれる、歌の合間合間をつないだり埋めたりする、一瞬のフレーズに、プレーヤーのセンスが凄く反映される気がします。

というわけで、今日はそんなオブリの名演、日本最高レベルのセンスの良さを持っていると思う、ピアノ塩谷哲さんによるEarth Wind & Fireのカバー、「Brazilian Rhyme」をご紹介します。

繰り返される歌のキャッチーなフレーズの合間に、これでもかとセンスの良い、またリズムも素晴らしいピアノのオブリが挿入されており、単調になりそうな歌のメロディの繰り返しの中に、実に豊かな色彩感をプラスしています。

オブリ一発で自分のカラーを出せるアーティストって素敵ですね!

 

 


菅原 敏(Pf,Key)

Comments are closed.